<   2016年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

夏物 着納め、、、、

先日そろそろ衣替えとUPしましたけど
昨日も一昨日も 暑くて 蒸し暑くて(´`)=3
夏物着て近所のスーパーに買い出しには行って来た^^;
b0172915_09575103.jpg

スカートはMHL 
暑かったから靴はレースのペタンコで良いか?あまりにも夏仕様なのでやっぱり止めて(笑)
enchantedのローファー←☆履いた
今日で9月も終わり  流石にこれで夏物の着納めになるかな、、、

序にUP(笑)
先日テレビで「イアン結び」の事を観ました
小麦はテニスを始めたときに
シューズを買ったスポーツ用品ショップのお兄さんに教えてもらってから
靴ひもの結び方は ずーっとイアン結びです
左がイアン結び  右は普通に蝶結び  ん??違いが分からないですねぇヾ(・・;)ォィォィ
b0172915_748283.jpg

夫の革靴なども解けなくて良いみたいですよ
此方←ググると他にも色々なサイトに載っています
by comuginet | 2016-09-30 07:56 | 着る物 持ち物など | Comments(6)

探検(笑)

名駅周辺の開発が進み 古いビルが立て直されたり新しいビルが建ったり、、、
ビルとビルも地下で繋がり、名駅から地下でグル~っと一周できるようになりました
雨が降っても傘要らず^^

仲良しさんと 映画を観に行きながら、探検してきました(笑)
こんな所を通って、、、、
「わぁ~ 滝♪ 鯉も居るの~」と近寄ると、、、、壁画ですがね(笑)
b0172915_07004115.jpg
映画は「ハドソン川の奇跡」←実話に基づいた作品ですね
2009年 ハドソン川に着水したニュース映像は記憶に残っています
映画でもその時の実際の映像やキャプテンの様子なども、、、、
キャプテンを演じたのはトム・ハンクス 
久しぶりにトム・ハンクスの映画を観た様な、、、、、

この映画を真似?したのか こちらの映画←以前にも観てます

映画を観たら私たちのお決まり(笑) 半券握りしめてランチ♪
新しいビルに出来た映画館で観たので、ランチも新しいビルで頂きました
半券サービスは やっぱりシュワシュワ~♪♪♪
b0172915_07005274.jpg
松花堂弁当とシュワシュワ~で、幸せ~(’▽’*)♪
b0172915_07010689.jpg
地下には美味しそうなお店がたくさんあり、アチコチ覗きながら駅に戻り 
デパートで秋物をチェック
秋から冬は毛皮のジレが流行りみたいね
小麦には「またぎ」に見えないこともないヾ(・・;)ォィォィ



仲良しさんに、色々お土産頂いた
Sさん 何時もありがとう。。。。
b0172915_07014234.jpg
「野沢菜は信州だって分かるけど うまい棒は何処のお土産?」
「お月見泥棒の時に余ったの~」(笑)

お月見泥棒
十五夜の夜に子供たちが「お月見泥棒で~す」と
近所の家々を回りお菓子を貰います、ハロウィンみたいな感じかな

普段こういうお菓子を買うことないから、珍しくて美味しかったわ~^^



by comuginet | 2016-09-28 07:58 | ちょっとお出掛け | Comments(8)

苦っ!!!!

先日の大連←たまたまホテルの近所に評判のお茶屋さんが有り
皆で お土産にお茶を買いに行って来ました
何種類ものお茶を次から次に試飲させてくれます
その度にお茶請けのお菓子も色々
試飲でお腹タポタポ(笑)
お茶請けのお菓子も美味しくて、皆 お菓子も色々買っていました

b0172915_09074308.jpg
b0172915_09075452.jpg

定番の鉄観音茶 ウーロン茶 ジャスミン茶などの他に
今回は何か違うお茶が欲しいな、、と思っていたので
お店のお姉さんに訊いてみると、お薦めは「一葉茶」だと
宮廷への献上茶として扱われていた「苦丁茶」です
様々な苦丁茶がありますが、中でもこの棒状の苦丁茶がお姉さんの一押し
まぁ~ビックリ(◎_◎;)な苦みですよ!
皆 一口飲んで「にっがっ!!!!」
、、、、でも 意外と飲めちゃうのです
肝機能に効くと言われて、、、、
酒飲みバーバーズ一行 全員お買い上げ~(笑)


此れくらいの1本で1000㏄分
夏は冷やして飲んでも良いですね、冷やすと苦みも薄れて飲みやすいかも♪

b0172915_09334163.jpg

小麦は小さく折り、マグカップに入れてお湯を注いで飲んでます
いちいち急須を使わなくていい 此の手軽さも良いですね
苦みが消えるまで数回飲めます、小麦は3回くらいは飲んでますね^^


by comuginet | 2016-09-26 06:35 | ❤つぶやき | Comments(8)

そろそろ衣替え

秋のお彼岸、、、、季節がひとつ進みましたね
朝晩はめっきり涼しくなって、夕暮れも早く 秋~の気配がしてきました^^

小麦地方は日中は27°~30°くらいの気温があるので
まだまだ半袖で過ごせるのですけど やっぱり気分は秋~♪
真夏に着ていた物とは変わりますよね

バックシャンなMHL(笑) この後ろ姿が好き♪ 
ヘビロテで着ているので 何だか色が褪せて来た^^;
b0172915_8512329.jpgb0172915_8514996.jpg




靴はバンコクで買ったのだったかな?
ワンコインもしなかったと思う
バーバリーもどき(笑)












相変わらずロングカーデも流行っているみたいですね
小麦は背が高くないのでロングカーデを着ると、ぞろり~とした感じになるようで
あまり着る事はないのですが、取りあえず流行りに乗っておこうと(笑)

b0172915_854915.jpg


フード付きの黒             
とても柔らかで薄手
旅行の時に良いかなぁ

実物はピンクベージュなのに
何も考えずパシャッとしてるから
写真の色が悪いわねぇ





b0172915_8542564.jpg



あれ? 
ネズミおやじみたいだわ~(笑)














でも このネズミおやじ風 結構気に入っていて(笑)
使えるヤツなのよね^^
b0172915_991499.jpg



袖が少し短め八分袖くらいかな?
㏌に半袖Tシャツ
袖をたくし上げても
短めのおかげでゴロゴロしないのが良い




b0172915_993156.jpg




靴はカンペールの
ペタンコシューズ

スニーカーや
スリッポン合わせても良いしね^^








ピンクベージュはちょっとフェミニン♪なレースのin  パンツもベージュ
靴もベージュのパンプス 上から下までベージュのグラデーション♪
b0172915_9175774.jpg


365連休の小麦は基本普段着、こんな格好が楽チン♪で好き^^
by comuginet | 2016-09-23 06:29 | 着る物 持ち物など | Comments(6)

懐かしい思い出の地 大連 ⑦

懐かしい思い出の地 大連
懐かしい思い出の地 大連 ①
懐かしい思い出の地 大連 ②
懐かしい思い出の地 大連 ③
懐かしい思い出の地 大連 ④
懐かしい思い出の地 大連 ⑤
懐かしい思い出の地 大連 ⑥



大きい通りにはプラタナスの街路樹 緑地帯は芝生が綺麗に刈り込まれ
北の町にしては、とても緑の多い街です

小麦の中では大連=アカシア花
アカシアの咲く頃は本当に綺麗で、初めて見た時の あの光景は忘れられないです
ところが現在は街路樹は大きな葉を広げるプラタナス
アカシアは伐採され、アカシア通りとして一ヶ所残されているだけです
アカシアが咲くのは5月頃なので、今回は行きませんでした
これも我が家にある写真  
散る時も まるで雪が舞うように とても綺麗なのですよね(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
b0172915_202157.jpg



街は片側3車線4車線の広い道路ばかり
車もビュンビュン走っていますが 信号がメッチャ少ない!!
誰もが 信号のないところで渡るのが普通
4車線道路なんて、スタスタ歩いて渡っていきます
8車線くらいの道路で、ビュンビュン車が走ってるところでも普通に渡ります

ほら信号ないでしょ こんな広い道路なのに信号はポツンと1個^^;
こんな広い道路だって、向こう側に行きたければ行きたい場所で横断して行きます^^;
b0172915_20445490.jpg

友好広場でも車の間をスタスタ歩いて行きますよ
b0172915_20452943.jpg

郷に入ればってことで、私たちもホテル向かいのコンビニに行くのに 
4車線の広い通りを渡ろうかと思いましたけど
海外でわざわざ危険と分かっている事をしなくても良い、と 
はるか向こうに見える信号まで行って渡りましたがね(´`)=3

信号まで歩くより ビュンビュン走る車の間を渡るのに掛かる時間のほうが長いと思う
と言うか、怖くて足が竦み立往生しそうですもの^^;

ところが、だんだん慣れてくるから不思議
車との「あ うん」の呼吸が分かるようになって来て
観光していても、渡れるようになってました
「これも進化って言うのかねぇ」
「婆でも進化するんだね~ 大したもんだ」(笑)
「いやぁ~ こんな事で進化しなくても良いと思うよ~」
「日本に帰ったら、車が止まってるように見えたりして」(笑)
「、、、、んな訳ないじゃろ!!」(爆)


夜は夜景を観にいったり、夜市をひやかしたりしていました
b0172915_1543121.jpg


早めに夕飯を済ませましょう~♪♪♪
どうせ夜はホテルの部屋で宴会するので早く食べたほうが良いんです^^

大連は中国東北部に位置していますが温暖な海洋性気候なので
海鮮料理も美味しいです、お刺身も新鮮♪
あぁ~美味しくって幸せ~(’▽’*)  beer~お代わりφ(*⌒▽⌒)ノ
「アワビ何個あるの? ホタテは何個?」
「やっぱり10個ネ」
「・・・・・」
「じゃんけんぽん!!!」
食べ盛り育ちざかりのバーバーズご一行です~(笑)
b0172915_1222887.jpg

私たちの部屋が宴会場♪♪♪
待ちきれなくて、、、二人で始めちゃってますヾ(・・;)ォィォィ
b0172915_9121747.jpg

4人集まって、、盛り上がり始めてます(笑)
b0172915_9125518.jpg

6人で ガンガン飲んじゃってます(笑) 後二人はまだシャワー浴びてるのか? 
b0172915_914592.jpg



夜市は庶民のエネルギーを感じる場所ですよね^^
b0172915_12122124.jpg

b0172915_12171546.jpg

美味しそうですけど、買うにはお腹と根性を鍛えなければ!!ヾ(・・;)ォィォィ
b0172915_1212364.jpg


日本統治時代は「長者広場」戦後から1993年までは「スターリン広場」
現在は「人民広場」
向こうに見えるのは「大連市政府」の建物
b0172915_15415674.jpg

広場からこの広い道路を渡ると市政府
b0172915_15434378.jpg

「法務院」も負けずに光ってます(笑)
周りを見ても信号ありません
私たちは怖くて渡れませんが、現地の人は何処でも渡りたい場所を渡っていきますヽ(*’0’*)ツ ワァオォ!!
b0172915_15461186.jpg


1980年代に中国は改革開放路線をとり
大連は1984年に経済技術開発特区に指定され、経済的に発展し 現在中国第3の港湾都市
もともとリンゴの産地で、農村部が比較的豊かだったので
「万元戸」(億万長者)が最初に現れたのも大連近郊からだそうです
立派なマンション、いや! 億ションが そこらじゅうニョキニョキと建ち並んでいます

余りにも建ち過ぎて、空き家が多いのが現実です
確かにねぇ 明かりが点いてる部屋は少ないですね
b0172915_15452015.jpg

「大連、食事も美味しいし、治安も良いし、買ってく?」
「そうね~ 地震もないし、台風も来ないんだよね?」
「物価も安いから、年金で暮らせそうだね~」
「あのね、、、億ションなっだてば!!!」
「あッ!! いくら暮らせそうでも それ以前の問題ね」

「こういう夜景はバーバーズが並んで見てても絵にならないね~」ヾ(・・;)ォィォィ
8人並んで足踏ん張って 仁王立ちして夜景撮ってます^^;
だって踏ん張って立ってないと夜景ブレるでしょ(笑)
b0172915_15442715.jpg

b0172915_20545974.jpg


大連は中国東北地方という立地ながら渤海湾は不凍港なので
香港、上海、天津と並ぶ対外貿易港として早くから発展していたのです

工業都市ですが経済解放後は観光に力を入れ 
市街地、観光地は綺麗に整備され中心街には近代的なビルが建っています
小麦が知ってる頃は高い建物はホテルくらいしかなかった、、、
b0172915_9154624.jpg

大連が上海や香港の様にグルメやショッピングを楽しめるような街ではなく
一地方都市だったのは小麦が知っている頃の話

小麦が知ってる当時も北京などと比べても綺麗な町でした
中国は喫煙者が多いのですが、大連の街中では煙草の吸殻など見当たらない位に
清掃も行き届いていて綺麗な町です
当時よりもはるかに清掃が行き届いて綺麗な街になっていました

当時スターリン路って言いましたが 今は人民路と言う広い道路
通りに面してブランドショップが並んでいます
ブランド大好き~♪  ヴィ・・でしょ♪ プラ・・でしょ♪  シャネ・・でしょ♪ それから、、、 
お目目が(☆。☆) キラーン!!  吸い込まれるようにショップに入る~(笑)
b0172915_12272286.jpg

、、、で ブランドショップの並びに建つホテル群
中央のホテル 此処が住まいでした 
当時は周りに高い建物は無かったけれど、右に新館が建ち、左もホテルが立ち並んでいる

b0172915_2111785.jpg

b0172915_20583183.jpg

立場が違えば歴史認識が違って当然だと思うのですが
大連も含め遼寧省など東北三省(旧満州地域)は日本に統治されていたにも関わらず
親日的であるのは、台湾の対日感情に近いのかな?

中国の他地域に比べ、漢民族に対して満州族の割合が高いことも
本省人(台湾人)と外省人(漢民族)が混在している台湾に似ている気がする

大連市民が親日的なのはその歴史にあるのでしょうかね。。。。
2005年でしたっけ?反日デモにおいても中国の大都市の中で反日デモが起きなかった大連
中国都市で唯一の日本語TV放送もあります(BS NHK)

日本と関係の深い街です
なんの予備知識もなくただブラブラしていると、それだけで終わってしまうので
何か歴史を語った本を読んで行くと色々想像しながら歩けて楽しめます^^

他地域に比べ治安も良く、旅行はしやすい場所です

ただし、英語はほぼ通じません
中国語が話せない場合、筆談で頑張るのだ!! (笑)
顔立ちが似ている日本人は中国語でダダダダーッと話しかけられて 狼狽える事も^^;

帰り、飛行機がぐるりと大連市上空を旋回して進路をとりました
あそこが星海広場、大連港、ホテル周辺、、、、見とれた一瞬でした

ノスタルジックな過去と現代が交錯する街 大連
一度訪れてみてはいかがでしょう。。。。
by comuginet | 2016-09-21 09:45 | ★弾丸トラベル | Comments(0)

打ち上げ&打ち合わせ^^

大連の旅をUPしている間に、お疲れさま~の打ち上げも行ってました^^
私たちの得意、クーポン利用(笑)
焼肉~~~、肉食女子の集まり 焼肉大好き♪バーバーズ^^

大連での あんな事 こんな事 そんな事、、、話が尽きない

2時間の時間制限 飲み放題だったのは良いのですが
オーダーするのに チト、、、色々メンドイお店で^^;
写真なんて撮ってるヒマもなく、何だか凄く一生懸命食べて飲んでた(笑)
肉は食べなきゃいけないし、飲まなきゃいけないし、 お口が忙しい~(笑)

b0172915_07403749.jpg

b0172915_07413173.jpg

b0172915_07405150.jpg
お肉もキムチも食べ放題♪ 最後にお餅まで焼いて食べたら
丁度ラストオーダー10分前、最後の1杯は マッコリ~♪ ソジュ~♪ 
食べ残し 飲み残しが有ると別料金を払わないといけないので 
皆 最後のドリンクは一気飲み(笑)

〆のコーヒーを飲みながら打ち合わせ、、、
b0172915_08052199.jpg
皆 良い気分だったので打ち合わせになってなかったと思う(≧▽≦;)




by comuginet | 2016-09-20 08:10 | ちょっとお出掛け | Comments(8)

懐かしい思い出の地 大連 ⑥ 

懐かしい思い出の地 大連
懐かしい思い出の地 大連 ①
懐かしい思い出の地 大連 ②
懐かしい思い出の地 大連 ③
懐かしい思い出の地 大連 ④
懐かしい思い出の地 大連 ⑤




中国では大連は、美しい町として知られているので
中国人も「旅行なら大連に行きなさい」と言うそうです
大連は、日露戦争後の1905年から1945年の終戦まで日本が統治した地です
この頃に建てられた建築が今も数多く残っていて
どこか昭和な雰囲気が漂う街並みを見ることもできます

日本統治時代に敷かれた大連の路面電車は、今も活躍中です
電車は5色あり、黒 赤 紺 緑 白
満鉄幹部  満鉄職員 大連のセレブ階級 一般市民など色で乗り分けれれていたそうです
b0172915_18193443.jpg

b0172915_11263814.jpg

新旧の市電が停留所で並んで止まっていたり、すれ違ったり、、、、
b0172915_11533052.jpg

市電や地下鉄を適当に乗り降りしながら市内観光^^
b0172915_1585811.jpg

私たちは観光客なので、一番前に陣取ります(笑)
満州時代は車掌さんが居たのでしょう
当時と違うのは、左下の写真、カードをピッ♪と かざして乗るところでしょうかね
私達は運転手さんに乗車賃を渡して乗りました
b0172915_11551858.jpg



「勝利橋」
1908年築の「旧日本橋」
鉄道の線路をまたぐ橋 ロシア時代には木造で、日露戦争のときにロシア軍が破壊し
さらに木造の仮設橋として復旧していたものを
日本統治時代に関東都督府がコンクリート製に架け替えた
b0172915_12431420.jpg

橋を渡った先は、「大連・ロシア風情街」
b0172915_12461019.jpg

ロシア人街と言われている所ですが、現在ではロシア人は全く住んでいません
マトリョーシカやキリル文字のパッケージに入ったチョコレートがお土産品として売られています
b0172915_12472097.jpg

歩行者天国になっていて中国人旅行客向けの観光地として、両側にロシア風?の建物が並んでます
ちょっと一昔前のアミューズメント・パークっぽい雰囲気
見かけはロシアで、中身は中国^^;
b0172915_12483060.jpg

露西亜町の入口にある建物は、ドイツ式の建築
説明によれば、ロシア人がドイツ人技師に設計を依頼したものだという
当時、ロシアよりもドイツの技術が優れていたから
ドイツの技術を積極的に導入しようとしていたのかしら?
日本統治時代には露西亜町と呼ばれたことから、露西亜町旧址ともありますね
b0172915_12495014.jpg

必ずしもロシア時代のものとは限らないが、古い建物がたくさん残っている
これもまた帝政ロシア時代の建物ではないですが
「旧大阪毎日新聞大連支局」
1925年5月10日に竣工したという、現在は宿泊施設として利用
b0172915_125148.jpg

ほとんどの建物が鉄筋コンクリート造りの復元であり
帝政ロシア時代に建てられた建物というのは一部だけ
「旧大連自然博物館」
ロシア人街のつきあたりにあるルネサンス様式の建物は、ロシア街の象徴ともなっている
ロシア時代はダーリニー市役所
日本時代は遼東守備軍司令部など→満鉄が利用→大連ヤマトホテル→満蒙資源館と
歴史の中で様々な変遷を経て現在は廃墟になっています、勿体ないなぁ、、、、
市の管理の下、次の予定が計画されているらしいのですけど
こういうものこそ、修繕して、活用すれば良いのに、、、、
b0172915_12533681.jpg


サラ~っとロシア人街を観て、次は日本人街
右手奥に行くと旧日本人街が残っていますが、大連市民の暮らす街なので
観光客がカメラ片手にウロウロするには 少々居心地が良くない^^;
b0172915_1610073.jpg

日本人街だった所は ちょっと昔の世界に迷いこんだような錯覚に襲われます
古い町並みが残っていますが空き家がかなり目立ちます
b0172915_15121055.jpg

満鉄社員の社宅だったそうです
b0172915_15112062.jpg


一方 高台の南山地区は満鉄幹部職員らの高級住宅街でした
一部は2000年に観光ストリートとして新装され
美しくリフォームされた家々が建ち並び、現在も改築が進んでいます
今も大連のセレブが暮らす地域です
b0172915_1622428.jpg

河本大佐の旧住居
関東軍高級参謀 河本大佐の自邸
南山麓住宅地の一画にあり、保存されていました
b0172915_933238.jpg

昭和モダンが色濃く残っている 旧日本人街は老朽化が進んでいるので
個人の住宅や会社の社宅などは年々消えていっているのが実情です
旧日本人街やロシア人街周辺など、古い建物が少しずつ取り壊されているので
レトロな町並みが見たい場合は、早めに行かないとなくなってしまうかも、、、、

今日のUPも長いですよ~^^;


【老虎灘(ろうこたん)】
美しい海岸線と断崖絶壁の岩場に囲まれた大連を代表する景勝地
b0172915_16493596.jpg

b0172915_1650113.jpg

昔、村人を苦しめていた大虎を若者が弓で射止めると
虎は海辺の岩となったという伝説からこの名前が付けられ
長さ35mの巨大な6匹の虎のモニュメント『群虎彫像』
b0172915_16502149.jpg

北九州市との友好都市を記念して建設された関門橋に似た北大橋も架かっています
近くには野鳥園や、水族館などもあり、家族連れとか、デートとか、人がいっぱい

【星海広場】
アジア最大の広場だそう
広~~~~~~~~い!!  天安門広場の2倍?3倍?とか、、、とにかく広いッ!!
こんなに広いスペースが果たして必要なのでしょうか? 
b0172915_16542559.jpg

b0172915_16544350.jpg

星海広場から黄海を望みます 
b0172915_1656557.jpg

おぉ~~~ロマンチックぅ~~~ 
b0172915_16561620.jpg


大連市制百周年を記念するために建設され1999年9月に完成しました
銅で作られた80メートルの彫刻に
老人から赤ちゃんにいたるまでの1000人の足跡が刻まれているようです
b0172915_165856100.jpg

海の方までずーっと続く、1000人分の足型
b0172915_1659211.jpg

纏足をしていたおばあちゃんの足型
b0172915_170560.jpg


星海広場も老虎灘も小麦が知ってる当時は ただの広っぱ ただの海っぺりヾ(・・;)ォィォィ
家で 変わった、と話は聞き写真も見ていたけれど、こんなに変わっていたとは、、、、。


【大連港】
帝政ロシアが遼東半島南部を清朝から租借し、商業用の港湾を建設したのが始まりで
水深がが深く、冬でも凍らない不凍港
日露戦争に勝利した日本が、満鉄を中心に整備を進めた
現在は中国第2の国際貿易港として、数万トン級の埠頭を多数備える近代的な港湾となった

此処も外国人立ち入り禁止区域でした、近くまでは散歩しながら行ったりしてましたけど
先日 初めて港まで行き 道路の向かい側 大連港務局屋上からも見て来ました
旧満鉄の線路跡も左の方に見えています

戦前 日本から満州に移住してきた人は日本からこの港に着き
終戦後 満州から日本への引揚者はここから舞鶴港に帰って行った場所です
b0172915_1711098.jpg

大連港務局
大連港の写真を撮るためだけに行ったのですけど、 見学料が要りました^^;
女性が説明をしてくれ、その後 売店で中国産の真珠を買うように勧められます
「とても珍しいアワビの真珠です」
アワビの真珠って、、、、、どうなんでしょ?
真珠は買いませんでした~(笑)
b0172915_17113741.jpg


次回は夜景をUPしましょう~☆彡


何時も言ってる事なのですが 
自分用に事細かに纏めている旅記録は時系列で綴っています
エクセル開いて、メモしてきたノートと写真を見ながら ひたすらタイピングします
根気作業です(笑)
b0172915_1255978.jpg

それこそ何時に起きてから始まり、食べたもの 買ったものの値段まで記録してますが
ブログにそんな事までUPする必要もないしと、行程も無視して 旅記録をコピペしてます^^
by comuginet | 2016-09-18 18:14 | ★弾丸トラベル | Comments(4)

懐かしい思い出の地 大連 ⑤

懐かしい思い出の地 大連
懐かしい思い出の地 大連 ①
懐かしい思い出の地 大連 ②
懐かしい思い出の地 大連 ③
懐かしい思い出の地 大連 ④



東鶏冠山北堡塁
203高地攻防戦のなかでも日本軍が6000人以上にも上る戦死者を出し
大変な苦戦を強いられた「東鶏冠山」のロシア軍の堡塁跡
b0172915_1942332.jpg

日露戦争の激戦地跡 ロシアが建設した要塞です 今でも生々しい銃痕が残っています
百年前以上前の戦闘のすさまじさを物語ります

1900年から4年もかけて造られたトーチカ(コンクリート製の防御陣地)は
生々しい弾痕が無数にあります
b0172915_19424158.jpg

洞窟のようなトーチカは、天井が高く、ゆったりしています
b0172915_1943464.jpg

山肌を掘りぬいただけの壕は天井が崩れる危険もあり、立ち入り禁止
日本軍をさんざん苦しめた保塁は都会の地下鉄でも走らせることが出来るのじゃない、と思えるほどです
山の麓から白襷に38銃の日本軍の歩兵が幾ら数に頼って攻め上っても
当時世界一を誇ったロシア陸軍相手に軍神乃木希典も苦戦を強いられたのですね
b0172915_19472480.jpg


水師営会見所
b0172915_19534452.jpg

元は地元の農家だったのを日本軍が野戦病院として使用した
当時、この付近は両軍の砲弾のために、家屋という家屋は影も形もなくなったのですが
野戦病院としていたので、屋根に大きな赤十字旗をひるがえしていた民家だけが残った
建物は当時の資料を元に復元されたものです
b0172915_195312.jpg

現在 内部は撮影禁止 
↓↓の写真は外国人に開放されて間もない頃に撮った、我が家にあるものです

旅順陥落後
乃木将軍とロシア司令官ステッセルがここで会見し、旅順降伏文書が交わされました
b0172915_8245918.jpg

壁にかかる写真  中央の二人 乃木将軍とロシア司令官ステッセル
b0172915_8302431.jpg

この机を挟んで、乃木希典とスッテッセル司令官が座った
先日 私達は乃木大将が座ったほうに座って来ました
乃木大将が座った椅子の方が高くなっています、敗軍のスッテッセルを見下ろす格好です
b0172915_8262261.jpg

奥に写っているキャビネットに飾れれている品々 
当時関東軍が使っていた物という事で展示しています

先日行った時はもう少し立派な棚に、もっとたくさん展示されていました
これらは販売しているのです どれでも1点10000円
この写真を撮った時は5000円だった

野戦病院でしたからね、この机は当時は手術台だったそうです
ちょっと、、、、想像してしまいますが、、、
b0172915_1954582.jpg


水師営会見所 の向かい側に資料館があります
そちらも現在は撮影禁止なので、我が家にある写真です
資料館というか、、、、
お土産物屋さんのように、棚いっぱい関東軍や満州時代の物が並んでいます
これ等も全て売り物です
b0172915_835355.jpg

男装の麗人 川島芳子のヌードねぇ、、、、買う人居ないのですね、先日もまだありました^^;
b0172915_8362354.jpg

当時 大人気だった女優さん達  この写真もまだありました
b0172915_8395153.jpg

関東軍や満鉄関連の色々な物
日常生活で使った食器類など、細々した物まで全て販売しています
置時計など未だに動きます
「まだ動くよ、日本製は100年以上経っても使えるよ!」と
お店のお姉さん熱く語っておりました^^;

満州時代の建物 その他の諸々を保存するのには費用が掛かります
その費用に充てるため寄付という事で これ等の品々を買って下さい
寄付という事で、、、品物は、、、信じてお買い上げ下さいませ、、、と、いう事ですわね^^;



旧関東軍司令部旧跡
内部は写真の展示が多かったですね
b0172915_20411687.jpg

b0172915_847153.jpg


日露監獄
こういう場所は見ていて辛くなります
b0172915_2042851.jpg

b0172915_2042483.jpg

b0172915_20431024.jpg

説明文は、中国語、韓国語、英語で書かれていて、日本語の説明はありません
伊藤博文を殺害した安重根は、此処で処刑されました

彼は、担当の日本人の千葉看守に
「東洋に平和が訪れ、韓日の友好がよみがえったとき、生まれ変わってまたお会いしたいものです」と
語ったそうです
千葉看守は終生、安重根の供養を欠かさなかったとのことでした
b0172915_20432937.jpg


旅順博物館
展示されているものよりも建物自体の趣が良いです
b0172915_20441294.jpg

b0172915_8583196.jpg

展示方法も木枠のガラスケースに入っており、重厚感を感じます
b0172915_2045234.jpg

b0172915_20453717.jpg

この博物館には大谷探検隊が西域から持ち帰ったミイラが展示されていますが
撮影禁止です
明治時代に新疆を探検した西本願寺住職大谷光瑞率いる「大谷探検隊」が集めた文物を保存しています
b0172915_20561318.jpg

大谷光瑞は旅順に移り住んだので、此処に残っているのですね
シルクロード・仏教関連の興味深い文物があって面白かった

白玉山
東郷平八郎と乃木希典が、日本兵の慰霊の為に建てた白玉山塔
b0172915_2053195.jpg

星は丸の上に付けられたもののようだ
ということ、、、丸は日本国国旗をデザインしており明治に建てられた時のもの
戦後中国はその上に星を貼り付けたのでしょうか
風当りの強い場所なので、半分ほどは取れてしまっている。
b0172915_20541584.jpg

眼下に旅順港の景色が、一望できます
ここに立つと旅順が天然の良港だというのが、良く分かります
b0172915_20553638.jpg


旅順駅
此処も2009年に外国人に開放されるまで立ち入り禁止でした
現在は駅前にホテルも建ち、ツアーで訪れることもできます
b0172915_20584745.jpg

b0172915_20582290.jpg


旅順は高地攻防戦の100年もの歳月が過ぎたとは思えない生々しい形骸を留めていました
皆「坂の上の雲」を読み返したり、ドラマのDVDを観て予習してきましたので
何処を観ても頭の中にシーンが浮かびます

旅順は2009年 つい最近までですよね、外国人立ち入り禁止でした
2009年に軍港周辺など数箇所を除いて外国人に開放されたばかりです
旅順を管轄する大連市は、地区全体を戦争遺跡として世界遺産登録を目ざしているようですが
今も軍関係の立入制限地区があるため、軍の要望で計画変更される可能性もあるそうです


ちょっと重~い旅レポが続いたので、次は大連に戻って何処をUPしましょかね。。。。
by comuginet | 2016-09-16 09:45 | ★弾丸トラベル | Comments(2)

定番コースで^^

仲良しさんと街までお出かけ♪♪♪ ♪♪♪
映画を観て半券握りしめ ハゲ天に向かう 定番コース(笑)
半券でワンドリンクのサービスは他のお店でもありますが
大きなグラスで生ビールが頂けるのは此処だけ、beer目当ての私たちは何時も此処^^
( ^_^)/□☆□\(^_^ )乾杯~!!
b0172915_1830375.jpg

飲んでて写真撮り忘れているけど^^;
マイタケ  サンマなど秋の味♪ ご飯は栗ご飯 赤だしの味噌汁も美味しかった♪
b0172915_18331325.jpg

cafeで一休み  
b0172915_18355958.jpg

次の映画の約束をして駅でバイバイ(@^^)/~~~

家に帰って来てから
ゆうさんに教えて頂いたレシピで リンゴジャム作りました

あら??? 何だか色が?? 
あッ!! きび砂糖を使ったので茶色い仕上がりになったのね^^;
b0172915_18403870.jpg

リンゴ1個 レンジでチン♪♪♪ 手軽に出来るのも良いです~^^
ゆうさん
色は茶色くなってしまいましたけど、美味しく出来ました(’▽’*)♪


今夜は十五夜  雲行きは如何かな?? 
b0172915_995694.gif

まん丸お月様 見えるかしら??
by comuginet | 2016-09-15 09:11 | ❤つぶやき | Comments(8)

懐かしい思い出の地 大連 ④

懐かしい思い出の地 大連
懐かしい思い出の地 大連 ①
懐かしい思い出の地 大連 ②
懐かしい思い出の地 大連 ③



大連駅から1時間ほどで旅順に着きます
旅順の見所はその景色
あとは日清戦争(中国では中日甲午戦争と呼んでいます)日露戦争の激戦地跡が
主な観光案内対象となっていて、パンフレットや石碑等には
「日本・ロシアの両帝国主義国家が中国人民を欺き、強制的に苦役に駆り立てた歴史の証拠物件である」
と云う趣旨の事が書かれており
これを繰り返し読まされるのには 日本人には少々辛いものも感じますが
「前事を忘れざる、これ後事の師なり」と、皆で慰霊塔に手を合わせてきました

車を降りて、いよいよ203高地山頂まで行きます
b0172915_21142576.jpg

徒歩10分くらいの距離ですが これが結構シンドイ(≧▽≦;)
写真で見ると なだらかな坂に見えますけど、なにがなにが!!! かなり前屈みになって登ります
帰りの下り 気を付けて歩かないと転げ落ちる
b0172915_21244197.jpg


あぁ、、、、どうしよう  脳内「坂の上の雲」の旅順場面がグルグル回っています~^^;
お急ぎの方 スルーして下さいませ~m(__)m

旅順は
港の周囲が山で囲まれており、ここに砲台を置けば敵の船は港に入ることができない
b0172915_1955409.jpg

ロシアは旅順を基点に、中国や朝鮮の権益を拡大させようと
この不凍港を是非とも手に入れたかったのでしょう
ウラジオストクは冬期に凍結してしまいますものね
当時 朝鮮を国防の重要拠点と認識していた日本は、ロシアと激しく対立することとなるんですね

1905年日露戦争が勃発すると、日本海軍は旅順港に立てこもったロシア極東艦隊を
港から出られなくしようと、旅順港閉塞作戦を行う

旅順港の出入り口になる場所に日本の戦艦を沈めて、ロシア極東艦隊が通れないようにした
閉塞作戦は3度行われたが、旅順要塞の激しい砲撃の前に全て失敗

旅順港の出入り口は1ヶ所だけ、そこに戦艦を沈め17隻の戦艦で包囲しています
b0172915_19563698.jpg


海軍は陸軍に、バルチック艦隊が到着する前に、陸から旅順を落としてくれるよう要請
陸軍は「旅順は小指の先のようなもので、遼東半島という根本を縛って放っておけば腐っていく」
坂の上の雲で、こんな表現だったような、、、
陸軍は特に戦力を割くつもりはなかったが、海軍の要請に従い旅順要塞を攻略することに決め
乃木希典率いる第3軍が結成され、旅順攻略を始める

バルチック艦隊が着々と日本に近づく中
軍神乃木希典率いる陸軍でも 世界最大の要塞は簡単には落ちず、大量の死傷者を出す
坂の上の雲で乃木希典を演じたのは柄本明さんでしたね
乃木大将の次男 乃木保典もこの戦いで亡くなりました
b0172915_21214449.jpg


バルチック艦隊が極東に到着する前に、ロシア艦隊を殲滅しなければ
日本は朝鮮半島周辺の制海権を失い、朝鮮半島との補給路を絶たれ対ロシア戦勝利は不可能
旅順港を一望でき、湾内に留まるロシア艦隊を砲撃可能なのは ここ203高地

旅順要塞攻防戦で最大の激戦地となったのが、203高地
名前の通り標高203mの山で山頂から旅順港を一望できる
203高地から打った大砲を正確に、港に停泊している極東艦隊に届かせる事が出来たのですね

203高地に設置された日本式280ミリ榴弾砲  照準は旅順港
日本の砲弾が旅順港に降り注ぎ ロシア極東艦隊は消滅し
第一回総攻撃から4ヶ月後、ついに203高地は陥落 日本軍の勝利となったのです
b0172915_21593553.jpg


小麦の脳内では「坂の上の雲」のワンシーンが再現されています
ドラマで児玉源太郎を演じたのは高橋英樹さん

ドラマの旅順編クライマックス
観測将校  「こちら、203高地山頂!!  高崎山ッ、応答願います!」
児玉源太郎 「そこから旅順港は見えるか!」
観測将校  「…………見えます! 丸見えであります! 各艦一望の下に収めることができます!」

203高地から旅順港は本当に 丸見えなのか?
確かに見えます
ただ 現在は高層ビルが立ち並んで 丸見え、、とはいきませんね
しかも小麦たちの行った日は前夜に雨が降り 靄ってます( ノД`)
b0172915_21305086.jpg

203高地から見たのが上の写真、高い建物などなかった当時は丸見えだったのですね
b0172915_21424148.jpg

暫くして靄が晴れて来ても やっとこの程度
b0172915_2128129.jpg


観測点の近くの慰霊塔
乃木希典は「203高地」を「爾靈山(にれいさん)」と名づけた
「爾(なんじ)の霊の山」
b0172915_2173146.jpg


「坂の上の雲」で日本軍の砲弾が旅順市街に降り注ぐ時に巻き込まれる中国の人々も描かれていました
「旅順の戦い」は日本とロシアの戦いですが、戦場は中国
日本とロシアの兵隊だけでなく
中国の一般市民も犠牲になったのです、忘れてはいけないですね

日本とロシアの兵士、そして戦争の巻き添えになった旅順市民に 皆で手を合わせてきました

次回UPも旅順の続きです
by comuginet | 2016-09-14 06:26 | ★弾丸トラベル | Comments(0)