<   2015年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ビュビューーーーン! ε=ε=ε=ε=ε=┏(*´∀`)┛ーーー ⑤

お腹空きました~ お昼ご飯は タイスキ
日本の水炊きのようなものですね
タイ料理が苦手の人でも 此れは抵抗なく食べられる
b0172915_1261142.jpg


b0172915_12171220.jpg
「お姉さん、先にbeer持ってきてね~」^^
暑くて喉 カラカラ 乾杯はタイスキ煮えてからね♪と
其々手酌でキューッと空けて、、、、
「あれ? 頼んだのハイネケンだった?」
「いや、シンハでしょ」
「・・・・・飲んじゃった」(笑)

「お姉さん、シンハも持ってきてね~」

目の前に置かれれば、頼んだものでなくても飲むと言う
、、、たく、何処までも飲み意地の張ってるバーバーズ(笑)




                お姉さんがタイスキを煮てくれている間に2本目~♪♪♪
                はい、今度は ちゃんとシンハ^^
b0172915_12284138.jpg

               お代わりも頂いて、最後は雑炊 デザート  お腹いっぱい 満足~♪♪♪
b0172915_12295787.jpg


お腹いっぱいになったら 腹ごなし(笑) お土産調達
                  
何がNO PROBLEMなんでしょうね~ 偵察に行かねば!! 突撃~(笑)
b0172915_1236321.jpg

ここから先 ビルとビルの間の細い路地は擦れ違うのも やっと  
両側に衣類や日用雑貨の露店が ひしめき合う様に並んでいます
とても写真なんて撮っていられません バッグ前にシッカリ抱えて歩きます
それでも 皆 何かしらGETしましたよ、確かにNO PROBLEMでしたわ(笑)
b0172915_1243837.jpg


            一度ホテルに戻り、ラウンジでアフタヌーンティー
b0172915_12582633.jpg

           


シャワーを浴び、お色直ししたら 夜の部~♪♪♪ 

マクドナルドのドナルドも「行ってらっしゃい~」って言ってるわ(笑)
b0172915_1331372.jpg

「サワディカー」
タイでは、このサワディカーを本当に頻繁に使います
挨拶として人と会うとき、別れるとき、手を合わせ サワディカー 

ドナルドまでもサワディカーしちゃってます^^
こんな風にローカライズしているの良いですよね

だから 私達も「行ってらっしゃい、気を付けて」と解釈したの←間違いじゃないでしょ^^

ささ、夜の部 行きましょう~ タイの原宿 サイアムスクエア
b0172915_1392044.jpg

バンコクの夜 いい具合に雑然とした電飾はあくまで ド派手(笑)
道の整備は甘く、時々側溝からの下水の匂いが鼻をつく
あまり手入れされていない熱帯植物がそこらじゅうに生い茂り
明らかに濃い色彩、濃い夕闇(笑)
旅行者をくつろがせる楽園の魔力 バンコクの魅力が夜の街に満ち溢れておりました~
何と言えばいいかしら、、、、欧米諸国とは遠い世界、、、、パラレルワールド~~♪♪♪
b0172915_139534.jpg

街を散策しながらレストランまで来ました 
伝統的なタイ料理を頂きましょう^^

メンバー皆 タイ料理大好き♪♪♪ 
甘くて辛くてすっぱい(笑) インパクトの強い、派手なお味
味が濃い、というのとは違って複雑な味だとは思うのですが、、、、
微妙な良し悪し というのは無い様な気がしなくもない^^;

日本料理は出汁一つ、お塩の加減一つで違うものが出来たり
良し悪しだったりすると思うのですが
タイ料理はどこにいっても大体同じようなメニュー、大体同じような味^^;

同じような味付けということは
それが基本的に「その民族が好む味付けの方法」だからなのでしょうねえ
日本人は昆布と鰹節の出し
タイ人は微妙に赤と白が交じり合うトム・ヤム・スープに甘しょっぱ辛いソース
違いはハッキリしてますわね

久し振りにバンコクに来た小麦が偉そうに言ってもいけないんですけどね←黙って食べろ!!って(-。-;)ォィォィ
まぁ、、、何処で食べてもハズレがない、、、、良いことです←そんなオチかい(笑)

割と何を食べても同じよう味がするので、毎食タイ料理を食べていると飽きるかも?
香草 スパイスなど苦手な方にも ちょっとキツイかもしれないですね

トムヤンクン タイカレー  バッタイ どれも美味しく頂きました
b0172915_1614129.jpg

b0172915_20361445.jpg

支払いを済ませた私達、思いがけず第二ラウンドの開始~(笑)
此処は宝飾品と革製品のお土産物店が併設されているのです
「おきゃくさん、ほうせき みてね」
買う気なんて無いので出口の方に向かおうとする私達の回りには
何時の間にやら10人以上の包囲網が出来上がっておりました^^;
「これも浮世の義理ってヤツ?」←ちょっと違うでしょ(笑)
「どうせ買わないけど 一回りして出ようか」

そうなると私達の闘志に火が着きます(笑)
ゴングが鳴りました~ ファイティングポーズも鮮やかに、いざ宝飾店へ~!!
包囲網は崩れ、マン・ツー・マンでマークに付く店員さん
私達はムエタイボクサーも真っ青の 軽やかなステップでマークをかわします(笑)
そこへ支払いを済ませた次のグループがやって来た
敵は「あちらの方が落とせそうだ」と私達から離れて行きました^^;

みんな 見事な足捌きだったわよね  ふぅ、、、良い腹ごなしになったね^^
第二ラウンドもバーバーズの勝利ですわ^^v

散歩しながら ショッピングセンターに寄ってお土産調達
この時点で タイに着いてから約18時間半ほど 

私達 旅行に行った時の恒例、最後の夜は打ち上げします^^ 
1泊ですからね、朝着いたばかりですけど 最後の夜です(大笑)
打ち上げは ホテルのスカイバー♪♪♪
b0172915_135276.jpg

ワイン ボトルでお代わりする私達^^
b0172915_13455997.jpg

ウエイターのお兄さん「此のオバさん達は飲む!」と(笑) メニューを持って薦めに来ます
お兄さんお薦めのカクテル、薦めるだけあって 美味しかった~♪♪♪
b0172915_13481560.jpg

明日は最終日(笑) アユタヤに向かいます~
アユタヤでも第三ラウンド有る??(笑)
by comuginet | 2015-06-29 07:00 | ★弾丸トラベル | Comments(6)

ビュビューーーーン! ε=ε=ε=ε=ε=┏(*´∀`)┛ーーー ④ 

今回のバンコクは1泊4日ですから
現地に着いてから行き当たりばったりと言うわけにはいきません
時間のロスないように 出発前に皆で行程を考えて来ました

バンコクには何度も来ているメンバー
バンコクらしいところだけ行こう!! 簡単に決まりました(笑)


王宮は、1782年に建てられたもので、周囲は1900mの白亜の壁に囲まれています
約21万平方メートルの広大な敷地内に、タイの伝統建築と欧州の様式を取り入れた
煌びやかな建造物が所狭しと林立するとても豪華な場所です
現在、国王様は、離宮に住んでいらっしゃるので 王宮では生活しておりません
日常的な公務も行われてはいませんが、特別な国の儀式がある時には、ここ王宮が使われます
今でも、国内すべての宮殿・寺院の中でもっとも重要であるとされています

正門入り口の正面に建つ、ひと際大きい建物はチャクリー宮殿
タイと西洋の建築様式をミックスした豪華な建物
外国からの国賓を迎える迎賓館として使用されています
b0172915_214016.jpg

博物館のような立派な宮殿
屋根に刻まれていた複雑な紋章は、旧王家の紋章
現在はガルーダがタイの紋章になってます
b0172915_21412118.jpg

キンキラキラキラ~派手派手~(☆。☆) キラーン!!
日本の妙なる木造建築の渋い美しさ、タイの金ぴかきんきらの極彩色の派手さ
これは、其々に其々の美意識の根幹を成していると思うわ アタクシ^^
b0172915_21453018.jpg


王宮内で一番有名なのは、1785年建立のワット・プラケオです
「ワット」はお寺  「プラ・ケオ」はエメラルド・仏
b0172915_2273650.jpg

ワット・プラケオは、王宮の東側にあり、タイで最も格式のある寺院です
王室専用なので、タイでは唯一僧侶のいない寺院です
御本尊が、エメラルド色をした翡翠で作られていることから
「エメラルド寺院」と呼ばれています
この仏像は、1464年にチェンライで発見されました
その後長い間ラオスにあったのですが、1778年にトンブリ王朝のタークシン王が
ラオスへ遠征し、バンコクに持ち帰えって、現在に至っています
ラオスからは返還しろと言われているそうですが、、、、
季節に応じて、年3回の衣替えが国王の手で行われています


黄金の仏塔はプラ・シー・ラタナ・チェディ
キラキラ輝く黄金のお寺!とっても美しいです♡
その右がプラ・モンドップで法典が収められているそうです
b0172915_2255713.jpg

西洋趣味の王様ラーマ五世が20年がかりで完成させた
第1級王室寺院、まるでモスクのような入口 タイの寺院とはかなり趣が違います
b0172915_2216357.jpg


では本堂へ
入ってまず最初に壁画が描かれた回廊に入る
インド神話の「ラーマーヤナ」が描かれています
やっぱり目に付く猿の将軍ハヌマーン軍のお猿たち
b0172915_22185258.jpg


回廊の外に出ると 門番のような鬼の姿がカラフルで凛々しく青空に映える
b0172915_22204840.jpg

b0172915_2221310.jpg

b0172915_22211564.jpg

さぁ、、本堂に入りましょうね
タイで最も重要なご本尊のエメラルド仏が鎮座しています
タイ王国の守り本尊のため撮影は不可
仏像自体はそれほど大きくないのですが、圧巻のオーラを放っております
内部は曲線にタイルという組み合わせが独特な雰囲気を醸し出しています
間近で見るときらきら光を反射するモザイクタイルや
宝石のようなジュエリータイルが施されていて タイル好き硝子好き にはたまりません←そこ?(-。-;)ォィォィ
仏教寺院なのでタイルには仏画が描かれています

何処を見ても美しいエメラルド寺院 リピーターの私達も此処は行こうよねと決めていた
b0172915_713199.jpg

b0172915_2223338.jpg

b0172915_22261053.jpg

わぉ!! ナイスバディー♪ 羨ましい くびれでございますこと^^
b0172915_22264610.jpg

b0172915_2228750.jpg

正面へ回ってみると正真正銘のタイの寺院です
黄金の仏塔が陽の光を反射してキンキラ輝いています
b0172915_22285279.jpg

事ここに居たって、私達はハッキリと判りました
この国の感覚は、岡本太郎と似ている!!? と、、、
芸術は爆発だ!!! とにかく金ピカ! 極彩色!!
派手なことは美しい事!!!ととばかりに、そびええ立つ建物の派手なこと派手なこと キラーン!!
とても日本では考えられませんわね、禅寺なんてもう、対極ちゅうの対極
落ち着き しっとり 侘び寂び等とと正反対にある、猛烈な自己主張

いやはや、文化というのはここまで違うものか それが寺院であるだけに、感慨深いものでございます
神様なり仏様なりに祈りを捧げる場である寺院がこれだけ違うベクトルだと、かなり考えさせられますわね

アンコールワットのミニチュア?(笑)
此処でアンコールワットに行った時の話しで一頻り盛り上がり(笑)
b0172915_6401764.jpg

b0172915_6403159.jpg



今日のUPは長いですよ~ 大丈夫ですか~ お茶入れましょうか~(笑)
もう少しですから~ 着いて来てくださいね~


此処も外せない 
黄金の寝釈迦様 ワットポー
とにかく全長46m
かなり長い上に、前に柱が並んでいるのでパノラマ撮影も使えない、なかなかのカメラ泣かせです
しかも高さも15mあるので、見上げてもズドーーーン!!!と圧巻の迫力
b0172915_22333380.jpg

b0172915_22335345.jpg

b0172915_22522540.jpg

足の裏方面
足の裏にも螺鈿細工で曼荼羅のように仏様がぎっちり描かれています
b0172915_2234914.jpg

それに比べ 意外と素っ気ない お背中^^;
b0172915_22532210.jpg


涅槃物の裏側には煩悩の数の108つの鉢が並べられており
20バーツのお布施で お姉さんからコインが入った容器を受け取ります
ひとつひとつに1枚ずつコインを投入して煩悩消滅!
b0172915_22414251.jpg

。。。。。。。あれ??
余ったんだけど、何処かで飛ばしちゃったかな?煩悩消しそびれちゃったかな? と思ったら
皆さん余りがでるようで、、適当かいっ!(笑)
余らせても仕方ないので 最後の鉢に全て投入し煩悩消して来ました、、、消えた筈???

煩悩は消したけど 食欲はこの暑さでも消えません
お腹ペコペコです お昼ご飯を食べに行きましょう
出発前にネットで予約入れておきました
by comuginet | 2015-06-26 07:02 | ★弾丸トラベル | Comments(8)

ビュビューーーーン! ε=ε=ε=ε=ε=┏(*´∀`)┛ーーー ③

無事に暁の寺の急な石段を上り下りしたバーバーズ♪
さぁ~phototime~~~♪ カメラカメラ~~^^
b0172915_9441752.jpg

b0172915_9454311.jpg

良い仕事してますね~細かい細工が天辺まで
b0172915_9524661.jpg

b0172915_946124.jpg

大仏塔と4つの小塔 船から見る暁の寺の美しさに しばしウットリ ・:*:・(*´エ`*)・:*:・
b0172915_9464637.jpg

また川を渡って対岸へ戻ります
b0172915_9551685.jpg

気温 既に36度超えてます あっと言う間に500mlのミネラルウォーター飲みほし
スプレー式の日焼け止め、顔中にシュパーッと吹き付け(笑)
帽子 サングラス 腕カバーの完全防備 
昼ごはん前に もう一か所 行きますよ~^^/
by comuginet | 2015-06-25 10:45 | ★弾丸トラベル | Comments(6)

ビュビューーーーン! ε=ε=ε=ε=ε=┏(*´∀`)┛ーーー ②

早朝 AM3:30 降り立った地は東南アジアの楽園 常夏の国 バンコク~~♪♪♪
灼熱ではない、亜熱帯! 常に熱い 湿気の多い ぬるま湯的暑さ 

夜明け前 まだ ぬる~く感じるこの暑さも 陽が登ると共に強烈な暑さになるでしょう
b0172915_2043581.jpg


飛行機で軽食を食べたので、お腹は空いていませんが
美味しそうなマンゴーに目が行き 食べて行きましょう~♪
b0172915_115127.jpg

ホテルに直行 荷物だけ預かって貰い タクシーで 即!! 観光~(*^-゚)vィェィ♪
運転手さん 少し日本語分る 片言の英語と日本語 ちゃんと通じてる、、、と思うヾ(・・;)ォィォィ
b0172915_6514866.jpg

日本ともヨーロッパとも北米とも全然違う 旅行者を生ぬる~く包み込んでしまう(笑)
旅行者として滞在するのだから、ここでリラックスしなくてどうする?と思う生ぬるさ

なんたって 1泊ですから~ タッタッタ~~~~と 行きますよ~^^

第一の観光スポットは「暁の寺」
三島由紀夫がインスパイアされたという「暁の寺」 有無を言わせず圧倒的です!!!
暁の寺がバンコクで一番美しいといわれる、確かにチャオプラヤ川から見る暁の寺は美しい
全体像を眺めるならば、船上もしくは対岸からの方がお薦め

暁の寺には チャオプラヤ川をターティアンの船着き場から船で行きます
船を利用するしかないので 必ず此の姿を見ることが出来ます^^
b0172915_20422334.jpg


暁の寺の門から本堂や塔へと向かう途中の参道には
中国寺院に立っていそうな石像がたくさん並んでいる

色付けされない石の像のモデルは
軍人風だったり、悪魔風だったり、牛や鹿、猿などの動物だったりする

タイという国が歴史的にヒンドゥー国と仏教国の間に位置し
それぞれの文化を融合させてきた事実が具現化されたのだろうか
タイには古くから華僑が住み、貿易も盛んだった 中国からタイへの貿易船には
荷物の重さのバランスを取る中国土産として、いつも石像が積まれていたのだという

東南アジアの仏教に、ヒンドゥー的な要素が含まれているのは
各地に残る古い遺跡や寺院を訪ねてみると分かりますね

仏様だけでなく、ヒンドゥー教に登場する神や悪魔が多数見え隠れしている
暁の寺も、ヒンドゥー寺院の装飾をそのまま持ち込んだように見えるほど
塔や本堂の装飾にさまざまな非仏教的な存在が配されている
仏教寺院にヒンドゥー教の要素が混じっているかと思うと
その一方では、いかにも東アジア的な素朴な石像も多く使われている

久し振りに訪れたバンコクに着き、テンション上がって来た私達
しかし、勝負の第一ラウンドが刻一刻と近づいていたのでありました(笑)

「おこう、きゃんどる」
「しるばー、しるばー」
「やすい、やすい」
「うちわ」
「べんじゃろんやきね」

シツコイ 土産売り(;>_<;)
見れば一目瞭然の品物をいちいち日本語で解説してくれながら、ぴったりマークする
目を合わせたら殺られる!?(笑)という状況の中 一切 無視して歩く私達(笑)

いくらなんでもこんな胡散臭い物、買うかぁ?
まして私達は辛口強気バーバーズとして名を轟かせる婆集団ですぞ!!←冗談ですからね、聞き流してね~

海外旅行ビギナーならば「何か買わなきゃいけないかしら?」ってな気にもなるでしょうが
そこはホレ 旅慣れてるバーバーズ(笑) 
薦められるほどに更に頑なに、1バーツも使わずに通り過ぎる
第一ラウンドは バーバーズの勝利(笑)

目指すは大仏塔
4つの小塔とその中心に立つ大仏塔が一つの固まりになっている

見上げると此の高さです
階段はあるし、手摺りもある しかし その角度はマヤのピラミッドもビックリ!!!
「如何する? 上る?」
「せっかく来たのだから上るよ!」
「次に来た時は上れんかもしれんしね」

急な階段は 仏塔を前にして常に頭を下げているようにという狙いもあるといわれている
この傾斜ですから 実際に上ってみると とても頭を上げては上れません
b0172915_213598.jpg

上りは自分の足元に目が向いているので安定感があるが
下りは視界が広がり、急な石段の傾斜にビビるo(*≧д≦)o″

足を踏み外せば真っ逆さまだという恐怖があり
ただでさえ危うい足元がふらつく バーバーズ(-。-;)
実際にここで起きる事故のほとんどが下りで起こるらしい 手摺りを掴んでゆっくりと降りましょうね
以前来た時は、今よりずーっと若かったけど それでも下りは怖かった
大丈夫か?上ったは良いが降りられるか? 
b0172915_218236.jpg



寺を支える力持ちたち
全身の力を漲らせ、なん百年にもわたって仏塔を支え続ける像もあれば
騎兵やヒンドゥーの神であるインドラ神や3つの頭を持つエラワン

半鳥半人のガルーダや半猿半人のハヌマンなども仏塔のあちらこちらで暁の寺を守っている
懸命に仏塔を支えている小悪魔たちの姿
半獣半人たちは、鳥のような嘴を持つ者、象のような鼻を持つ者
猿のような目を持つ者、さらには羽を持つ者もいる その誰もが、両手と頭とで仏塔を持ち上げている
半獣半人たちはみな、顔や服装が異なるだけでなく
その支える役割を果たしている場所や仏塔ごとにスタイルも異なる

暁の寺が、同じ型を使ったり同じ工房で大量生産された装飾具を使わず
その場でその部分を担当した者のセンスがそのまま生きているのを感じる

寺の周囲に配された中国風の石像もまた、暁の寺を守っているのだから
この寺は多種異種の神たちが大集合している不思議な場所でもある
b0172915_21172673.jpg

b0172915_21141899.jpg

b0172915_21143526.jpg

川と寺と空が織りなすバンコクで一番美しい光景~暁の寺
バンコクを流れるチャオプラヤ川のほとりに立つ高い塔を持つ「暁の寺」
b0172915_21563592.jpg

バンコクの中心街から見たその姿は、雄大なチャオプラヤ川を土台に
周囲に大小の寺院を従えた暁の寺は一葉の絵画のような完璧な美を作りだしています
b0172915_2139392.jpg

いつだれが何のために建てた寺なのか?創建に関する資料も記録もないが
アユタヤ朝が栄えた頃にはすでにこの地に立っていたことが分かっている
アユタヤ朝が滅びると
バンコク周辺は華人勢力の中心的存在だったタークシンによるトンブリー王朝の支配下となり
この寺院もまた王宮に属するものとして保護されたそうです
b0172915_214312.jpg

食べた事のない料理と同じで、旅もその場所に行っていないと共感し難く
知らない地名の羅列に、タラタラと続く文章、、、、、
小麦は旅好きなので 他所のブログの旅レポ ワクワクしながら読ませて頂きますが

そうじゃない場合、、、、読む人にとっては正直「もういいよ」でしょうね^^;
そんな旅レポのUPが暫く続きますぅ~
 
by comuginet | 2015-06-24 07:00 | ★弾丸トラベル | Comments(2)

ビュビューーーーン! ε=ε=ε=ε=ε=┏(*´∀`)┛ーーー ①

先週 金曜日からバンコクに行って来ました^^
b0172915_10362767.jpg

超~~~~弾丸!!! 1泊4日(笑)

楽しかった~♪♪♪ ♪♪♪
by comuginet | 2015-06-22 08:15 | ★弾丸トラベル | Comments(4)

今シーズンのヘビロテ♪♪♪

今年は「スリッポン」流行りですね~ 
流行りに乗って 小麦も履いてますよ^^
b0172915_756890.jpg


以前←UPしましたけど 
楽チン♪で歩き易くて良いですが
スニーカーと比べると重い



b0172915_7582932.jpg







此処でUPした
此方の方が好きかな♪





b0172915_864271.jpg


はと目の穴が大きくて面白い
替えのリボンが付いていたけれど
ちょっと可愛くなりすぎるので
無難に紐のままで^^


b0172915_825675.jpg


ボーイフレンドデニムに合わせるのに良いかな~
それに、、、プチフラ価格だったので衝動買い(笑)
ワンピに合わせても中々良かった^^
ワンピの時はリボンの方が良いかも、、、、


シルバーカラーも流行だしね、流行ってる内に履き倒し~(笑)






今週もアッと言う間に金曜日 午前中に美容院行って来よう~♪
皆様 良い週末を~~~^^/
by comuginet | 2015-06-19 07:00 | 着る物 持ち物など | Comments(10)

ポチッとな^^

今 吉川英治の「三国志」を読み直しているのですが、、、、
以前読んだのは何時だったかなぁ? 
難しいじゃないですか? え?そう思うの小麦だけ? 
読み直しなのに 中々読み進めないのですよ^^;

で、途中で休憩するわけです はい、他の本を読むの(笑)
心がほっこりするような本が読みたくなるのです

ポチッとな♪♪♪
am〇zonは便利
ポチッとすれば翌日には届く ポチッた時間によっては 当日にだって ピンポ~ン♪と届く
b0172915_2135331.jpg

20冊届いた  当分 三国志には戻れないな(-。-;)ォィォィ
by comuginet | 2015-06-17 07:00 | つぶやき | Comments(10)

豚に真珠 宝の持ち腐れ 箪笥の肥やし、、、、

何が?って、、、此れですがね^^;

b0172915_21372464.jpg


二代目一眼
初代に比べコンパクトだし 使い易いのですが
でも やはり友人と旅に出る時は お留守番(笑)






b0172915_215649100.jpg


何処に旅行する時だったかな?
↓↓のコンデジの調子が悪かったので
旅先で動かなくなると困ると思い此方を買った
今は専ら此のコンデジを使ってる





b0172915_21561311.jpg


此れは一番良く使ったコンデジ
気に入っていて長い事使っている
ちょっと調子が悪いので修理に出そうか
処分しようか迷い中






b0172915_2155251.jpg


こちらは初代一眼
2代目と比べると存在感 アリアリ~ 
旅行に行く時に持って行ったりしました
独りでゆっくり撮影旅行には良いのでしょうが
友人達と行く時は 手軽なコンデジの方が良い





b0172915_21595818.jpg



もう1台ヾ(・・;)ォィォィ
此れも中々使い勝手が良い







お手軽コンデジの使い易さに慣れて一眼の出番がない^^;

テーブルにカメラ置いて写真を撮っていると
「豚に真珠 宝の持ち腐れ 箪笥の肥やしだな」
はい、その通り返す言葉もございません(≧▽≦;)
by comuginet | 2015-06-15 07:00 | つぶやき | Comments(12)

師走じゃないのに走ってます^^;

昨日は帰りが遅くなるのが分っていたので、デパ地下で惣菜調達
冷蔵庫に何が有ったか?頭の中に浮かべながら 何買って帰ろう???

揚げたのも好き♪ 生も好き♪ だったら両方 買えば良いのよね^^
b0172915_1935106.jpg


地下鉄に向かう地下街  
この八百屋さん 主婦の味方 メッチャお安いの^^
レタスとバナナは¥100 いちご¥150  メロン2個¥500 重いのに買っちゃった(笑)
b0172915_19401892.jpg


楽チン♪な夕飯 冷蔵庫の中には常備菜やお豆腐もあるし
100円のレタスと卵でスープを作っただけ、お皿に移せば完成です(笑)
b0172915_19244891.jpg



今月前半は用事が立て込んでいる、気が付いたら6月も2週目が過ぎますがね、、、、
5月に気温30度越えの夏日が続いたり、各地で地震が起きたりしています
梅雨入りし 雨の多い季節でもあります、暑い日も有れば梅雨寒の日も、、、、

皆さまご自愛ください
小麦の事も少し愛して、なが~く愛して??? 何処かで聞いたセリフだな^^;
ん?何言ってるんだ!!!と腹立たしかったですか、すみませんm(_ _;)m コ
シュワシュワ~片手に かな~り いい気分の酔っ払いオバさん 予約投稿しとりますぅ~
、、、、が、、このフレーズを知っている そこの貴女 小麦と同年代ですね~(笑)


今週末も野暮用を片付けに~ 走れ~~~(笑)
皆様 良い週末を~^^
by comuginet | 2015-06-12 07:06 | つぶやき | Comments(4)

程々で、、、、

先月辺りから色々届いてますが、、、、
キ〇ン
100株単位になったのを知って 即!!買い増ししておいた
b0172915_10585624.jpg

ア〇ヒ キ〇ン どちらの優待も呑兵衛には嬉しい(笑)
b0172915_2215328.jpg

A〇A
オークションに出そうか、、、自分で使おうか、、、悩んでいて、、、
あぁ、、直ぐ使うんだわ(笑)
b0172915_10571316.jpg

こういうのは何時の間にか飲んで無くなる
b0172915_2217144.jpg

此処は最近 業績 良くないけど、、、そろそろ手放そうか、、、、
b0172915_2217477.jpg

街まで行かないとお店がないので オークションに出してます
b0172915_22212626.jpg

此方も近所にお店が無いのでオークションに出します
b0172915_2222179.jpg

アチコチから頂く クオカード コンビニで便利に使ってます
b0172915_22225626.jpg

b0172915_2229236.jpg

映画館の優待券 韓国映画の上映される映画館 何か観たいのあったかなぁ、、、、 
b0172915_22295978.jpg

欲の皮 突っ張らせず 程々に^^
by comuginet | 2015-06-10 07:00 | つぶやき | Comments(8)