<   2014年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

1日 早かったけれど、、、、

私のブログUPは朝なので ハロウィンには1日 早かったけれど 
ブログネタって事で昨日の夕飯 「かぼちゃコロッケ」♪
b0172915_15243056.jpg


で、今日が本番(笑)
b0172915_15275572.jpg

b0172915_15301967.jpg

かぼちゃ君 出番だよ^^
by comuginet | 2014-10-31 07:12 | 食べる事 | Comments(6)

11月目前 いよいよ寒くなって来ましたね、、、、

今年最初の寒気団がやって来たみたいですね
この寒気団 「2泊3日で帰る」と予報士さんが言ってましたので
今日あたり お帰りになるかと(笑)

でも、次の寒気団がスタンバイしてるらしい^^;


予報通り 昨日 一昨日は 数日前までの暖かさと比べると朝晩は寒かったぁ
じわじわと寒いって感じ、身体が冷えるような冷えないような、、、、
じーっとしていると手足が冷たくなる、こういう中途半端は身体に響きますわねぇ

一日の中で温度差が6度も7度も有るので 
家に居ても出掛けるにしても 着る物に悩みます(´‘)=3
b0172915_19334495.jpg


食料買い出しスタイル(笑)

ユニ〇ロの暖パン フード付き厚手のニット  ブーツ 
これにコート羽織れば真冬でもOKの格好だ(笑)

ですが、インは半袖Tシャツ^^;






食料買い出しの前に、、、
眼鏡が ズリ落ちてくるので、、、、鼻ペチャだからでしょ!!って思ったのは誰??(笑)
調整してもらって、、、、、
今 使ってる眼鏡 ちょっと飽きて来たし、、、眼鏡 衝動買い^^;
出来上がりは1週間後


                       韓国で作って来た眼鏡
                       今は度が合わなくて使っていないけど、、、、、
b0172915_16424820.jpg

b0172915_6302416.jpg



韓国に行くと 眼鏡と靴を作っていた時期が有った^^;
そうだ、↑↑のショートブーツも 何年か前にソウルで作って 履いて帰って来たんだわ
by comuginet | 2014-10-30 07:00 | 着る物 持ち物など | Comments(6)

やる気 掘り起こして^^;

もう直ぐ11月になりますねぇ(´‘)=3

幾つか予定も有るので、時間の有る時に出来ることを順番に片付けてます
やる時はやる!! けど、、、滅多にやる気は起きないんだな(-。-;)ォィォィ

頼まれていた仏花を、、、クレイで作ろうか、、、、、
b0172915_16442510.jpg


それとも、、、、プリザーブド・フラワーで作ろうか、、、、、
b0172915_20114670.jpg


色々作って好きなの持って行って貰おうか^^;


*exciteブログ コメント入力欄 認証制に変わりました
先日 突然 変わっていて ビックリしました、exciteから何も連絡無かったと思うのですが?
小麦が気付かなかっただけなのか??

少し面倒になりましたねぇ(´‘)=3
by comuginet | 2014-10-29 07:00 | ハンドメイド | Comments(4)

旅レポをUPしてる間に冬支度、、、、、

先週、、、、と言うか昨日まで^^; 長~~~い 旅レポを予約投稿でUPしていたので
その間 小麦は腰のリハビリマッサージに行ったり、家の細々した事を片付けたり
プランターにパンジーを植えたり、運転免許の更新にも行って来ました^^

映画も2本 観て来ましたよ、何を観て来たのかって言いますとね
小野寺の弟 小野寺の姉←←こちら
昭和の匂いがプンプンする木造一軒家に暮らす姉と弟
可笑しさあり哀しさあり 館内笑い声が何度も上がりました
小麦も笑ったりホロリとしたり

もう1本は、、、、
グレース・オブ・モナコ←←こちら
館内、、、、年齢層かなり高かった^^;
「グレースケリー」素適ですよね~♪
映画ではニコール・キッドマンが演じています
観る前はニコール・キッドマンって、ちょっとイメージが違う気がしてたのですよね
でも思っていたより良かったです

モナコに行った時は感激しました(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン
何年も前なので、、、また行ってみたくなりましたね

で、映画 観終って 
小野寺・・・・の方は 
片桐はいりさん 存在感 すっごいわ!!

グレース・オブ・・・・は
「フランス語を練習する姿が可愛かった」
まっ、素人のレビュー なんて、、、、こんなもんデス!!(-。-;)ォィォィ

ピンクのカーディガン 此れモナコで買った来たもの
此れも暫く着ていなかったけど、此れ羽織ってグレースオブモナコ観て来た(笑)
b0172915_19505496.jpg


急に寒くなり 秋物をたいして着る間もなく冬物を着ることになりそうだわ^^;
ワンピース大好き♪ 
上下で合わせる物を考えなくて良いので楽チン♪なんですよね
ズボラな小麦には必須アイテムさっ!!
b0172915_19473080.jpg

ジャケットやコートも直ぐに出番になりますね


コメント入力方法が変わりましたね
ちょっと メンドイ^^;
by comuginet | 2014-10-28 07:00 | つぶやき | Comments(13)

一度乗ってみる?って事で^^ KLにひとっ跳び~♪♪♪ 番外編

長~い旅レポにお付き合いくださった皆さん
やっと終わった!と思っていたでしょう^^; 
番外編も有るんかいッ!!と呆れていますよね(-。-;)ォィォィ

お泊りしたホテル
お部屋 広~い    部屋の中でウォーキング状態
荷物を全部 ベッドサイドに集めて過ごす
、、、ったく! こういう所で 小市民 丸出しになるよねぇ(-。-;)
b0172915_10572135.jpg


帰りの飛行機の時間を考慮し、帰国日前日 空港内?のホテルに移動しました
b0172915_1111991.jpg

こじんまりとしてスタイリッシュなお部屋  ロビーはゆったりして落ち着く空間
b0172915_1113722.jpg



ペトロナスツインタワーの時←UPしようかな?とも思ったのですが、、、、
タワーにはブランドショップもCだのHだの VもGも(笑) 沢山入っていますよ
b0172915_14422040.jpg

                        上を見上げ~
b0172915_14425257.jpg

                        下も見て~
b0172915_14433390.jpg

フードコートには日本食も色々あります
お寿司は ちょっとマレーシアチック(笑)  焼き鳥も焼いてます
b0172915_14443195.jpg

スーパーマーケットは綺麗で商品も豊富
b0172915_14453027.jpg

b0172915_1445483.jpg


      タワーのマークなのかな?  壁に並んだブルーのタワー凄く綺麗だった~(´ー`*)。・:*:・
b0172915_14492388.jpg



ランカウイの特産品だったと記憶してるけど KLでも人気のお土産品 「なまこ石鹸」
バティックの端布れで包んであります
b0172915_11473573.jpg


マレーシアのローカルブランドのサンダル
デザインもカワイイ♪ 質もしっかりしてる
ヘビロテで履けるようなものではないので 庭履き? ゴミだし履き?(笑)
b0172915_1124832.jpg




KLは大都会なのでトイレは水洗で、比較的キレイです
街中のショッピングセンターなどのトイレは日本と、ほとんど変わらない印象です

ただ、日本にはない設備?が必ずあります
そう言えば、、、フィンランドでもあったお尻を洗うシャワーです
所によっては、バケツの水と桶という簡素なところもあるようです
b0172915_1185674.jpg

宗教的な意味合いもあるようです

場所によっては紙がないところがあり
しかも、水浸しのトイレも多々あったりして(駅などの公共トイレ) 驚くのですよ

シャワーを思いっきり使うのでしょうか?
汚れていることはないのですが、便座まで水浸しの所もありました
ショッピングセンターやレストランのトイレは有料の所もありましたね

なので 街歩きに靴も意外と重要です
小麦は東南アジアの国に行くときは 此のトイレ事情を考慮して靴を選び 帰りに捨ててくる^^;

そして、トイレの案内板にある此れ
b0172915_11103829.jpg

イスラム信者の お祈りのスペース
そぉ~っと開けてみると、、、、
そこには やはり 清めのシャワー 奥に部屋があります
靴が脱いであり 何方かお祈りしているようなので 流石に部屋の中の写真は撮りませんでした
b0172915_1111229.jpg




帰りの空港内 ショッピングセンターで 現地通貨使い切りのお土産調達
調味料を色々買って、beerも欲しかったけれど
イスラムですからね、、、メイドインマレーシアのbeerは無いのでシンガポールbeerを(笑)

マレーシアはイスラム教徒の方が多く住んでいるところ、食料品はハラールフードを多くみかけました

ハラールフード  イスラム教徒の方が安心して食べられるもの
規定がいろいろあるようですが、豚肉を使用していない食べ物
材料はもちろん、調味料にも使用されてはいけないとのこと

ハラール製品と認定されたものにだけ、HALALのマークがあります
食料品だけでなく、衣類や化粧品などいろいろあるようです


マレーシア料理、小麦達は皆 口に合い美味しく頂きましたが
イスラムはシュワシュワ~が飲めない! 
美味しい麺を食べても、シュワシュワ~は無し!
マレーシア料理って絶対にbeerが進むの間違いないのに!! 本当に残念!
まさか 何処かで缶ビール買って持ち込む訳にも行きませんしね(-。-;)
b0172915_11504746.jpg


LCCゆえ荷物も重さで料金が変わります
受託荷物を一番安い20kgで料金を支払っていたので 帰りの荷物も増やしたくない
着る物や靴は捨てて、お土産も最小限(笑)
b0172915_1155283.jpg

ナシゴレンの調味料は早速 使っています  炒飯に一振り 魔法の粉(笑)

チャーハン食べながら楽しかったくKLの旅を思い出しています。。。。。
by comuginet | 2014-10-27 06:45 | ★旅行 | Comments(4)

一度乗ってみる?、、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅷ

一度乗ってみる?、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅰ
一度乗ってみる?、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅱ 
一度乗ってみる?、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅲ 
一度乗ってみる?、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅳ 
一度乗ってみる?、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅴ 
一度乗ってみる?、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅵ 
一度乗ってみる?、、、って事で^^ KLにひとっ飛び~♪♪♪ Ⅶ 



良く食べ♪   良く笑い♪   良く歩き♪ 今回も大量の写真と動画を撮り
思い出いっぱい抱えて帰ってきました~('▽'*)♪


KLシティギャラリー
ここには、ガイドブックによく載っている、I♥KLの記念撮影スポット
私達も旅先のテンションに身を任せ、KとLの間に挟まって撮りました^^
b0172915_7213562.jpg

ロンドンだったら ビッグベンとか、パリだったら、エッフェル塔とか凱旋門とか
いかにもロンドン♪ パリ♪という観光スポットがいくつもありますよね
「クアラルンプールに行った!」ということが一目でわかるものって
ツインタワーくらいしかなさそうな気がします
家族に「元気に旅 楽しんでるよ~」と メールを送る時 こういう写真があると便利です(笑)



帰国前日 翌朝の出発時間を考慮し空港内のホテルに移動
KLの街から空港まで車で約1時間
スーツケースが有るし、4人で乗ればタクシーでも割安
インド系の運転手さん高速道路をバンバン飛ばします
ベテラン運転手さん、飛ばしているんだけど、安全運転、nice job♪ですわ

運転手さん同様、車もベテランみたいで内装もボロボロ、走行距離が12万キロ超えてました^^;
ふと ガソリンメーターを見ると 残量が 極わずか 
「ちょっと! このタクシーガソリン無いじゃない」
「空港まで1時間近く走るのに 大丈夫?」
「途中でエンストしないよね?」 

こんな会話に運転手さん
日本語分らなくても「ガソリン」と言うワードに反応
ニッコリ笑って
「ガスを積んでるから大丈夫」
「あぁ、、、ガス車なのね~」
そうだ トランク開けた時 タンクが有ったわ^^;

予定より、早めにクアラルンプール空港に到着!


荷物を置いたら、空港内を散策&ショッピング&食事
お店もたくさんあるので目移りしてしまいます~

毎度の事ですが、マレーシア料理、お酒は無いので お茶で乾杯
この薬膳茶 美味しかった~ ちょっと変わったマレー風お茶漬け?? 美味しかったですよ♪
b0172915_717467.jpg

クアラルンプール名物 ホワイトコーヒー
数あるブランドがありますが、「OLD TOWN」が有名です
世界の「NESCAFE」のホワイトコーヒーありました(笑)

ホワイトコーヒーと言っても 白くはありません
砂糖とミルクを混ぜたコーヒー
まぁ、フツーです、甘いけれどコーヒーの苦味が、ちゃんとあり
コクのある甘~いミルクコーヒーって感じでしょうか
b0172915_7181867.jpg


最後の夜はホテルの部屋で宴会
楽しかったね~♪  楽しいね~♪ もっと居たいよね~  
b0172915_9575469.jpg


朝発の飛行機なので、朝食は機内食
目覚めのコーヒー飲みましょう♪
オーダーの時   cafe amercano short^^ あッ!違った small one♪
カウンターのお姉さん、笑ってたわ^^;
b0172915_1015775.jpg


左下にチラッと写ってる手のお姉さん とても可愛いチャイニーズ
小麦が皆のコーヒーやラテの写真を撮ったりしていたら撮りましょうか?と声を掛けてくれました
4人一緒に撮って貰い
先にお店を出る私達に バイバイ♪とにっこり笑顔 こういうのが嬉しいのよね~
b0172915_10152372.jpg


メイン・ターミナルではなく、LCC専用ターミナルから発着
KL国際空港にはメインターミナルの他に、LCCターミナルというものもあり
別々の建物になっていて、車で20分ほど離れた位置にあります

メインターミナルは設備も充実していて中心街へのアクセスも比較的容易ですが
LCCターミナルは設備が控えめで、中心街へのアクセスもバスかタクシーくらいしかありません。
控えめといっても店舗数は沢山あり、必要なものは十分揃います
ブランド店もそこそこ有りましたね


b0172915_1022565.jpg




私達の乗る飛行機はどれかな? 






b0172915_10225340.jpg




1機 こちらのゲートに向かって来ますね~











初体験のLCC エアアジア
格安航空会社においては、欠航や遅延は十分にありえる事で
エアアジアのHPにも「当機を利用しての乗り継ぎはお薦めしません!」とハッキリ書いてあります
今回は往復ともに定刻通りに飛び立ちましたが、遅延が度々あるのは確かです

LCCであるがために、普通の航空会社と同じ感覚では利用できないですが
それでもキャンペーンなどをうまく利用すれば、驚くほど安い値段で海外旅行に行くことができます
旅行の情報を自分で調べるのが苦にならない人であれば、利用価値は高いと思いますね

エアアジア
突っ込みどころは幾つか有りましたが、乗り心地 悪くは無かったですね^^


小麦のブログ 何時も週末 土曜 日曜は休ブなのですが(笑)
旅レポUPの時だけイレギュラー  
長いKL旅レポも今日で終わらせたいので 一気にUPしてしまいます

何だかんだ 3週にわたる長いUPで見るのもシンドイ事だったと思います
見て下さって ありがとうございました
by comuginet | 2014-10-25 06:45 | ★旅行 | Comments(14)

一度乗ってみる?、、、、って事で^^ KLにひとっ跳び~♪♪♪ Ⅶ 

このタワーだけでも相当な枚数の写真を撮ってきました
お泊りしていたホテルの部屋からも目の前に見えるので ついついシャッター押してましたね^^


ペトロナスツインタワーは マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築されたツインタワー
b0172915_22151131.jpg


イスラム様式でマレーシアのモスクに似せて作ったそう
おもしろいのは、日本と韓国がそれぞれ1本ずつ建設したこと
ですが2本のタワーを結ぶブリッジはフランスなのですって
b0172915_21313229.jpg


以前は世界一の高さを誇っていたけど
台湾の台北101や、ドバイのブルジュ・ハリアビルに抜かれちゃいました

タワーには伊勢丹、ユニクロ、資生堂、紀伊国屋書店なども入った既視感溢れる建物です
クラシックコンサートも 此処のホールで聴きました

昼に見るタワーも迫力あって存在感たっぷりですが
何と言っても 夜!! ライトアップされた姿は素晴らしいです☆~☆

タワーの下では大勢の人が写真を撮っています
こんなに美しく、きらびやかで 上品なビルを見たのは初めてです

ライトアップも超芸術的で、見ているとため息すら出てきてしまいます
躍進するマレーシア、多民族が協調して暮らす平和なマレーシア
それら、マレーシアの目指すものが このツインタワーにすべて象徴されているようにさえ思えてしまいます
神々しさまで感じてしまいますね~
此れは旅先でテンション上がってる所為ばかりではないような気がします

噴水の水の音やイスラミックな BGMが流れていて、異国情緒たっぷり
b0172915_2138591.jpg



昼間に見るタワーも美しく 迫力あります
b0172915_22311093.jpg

b0172915_2231438.jpg



夜には、ホテルのラウンジで タワーを見ながら 美味しいカクテル beerも♪♪♪
ロマンチックな空間ですよ~(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
b0172915_2236155.jpg


次の夜には別のホテルのプールバーから ライトアップされたタワーにウットリ~♪
水面に写るタワー ゆらゆら揺れて綺麗です~☆ 逆さタワー^^  
b0172915_22574779.jpg


b0172915_2258640.jpg

                         KLタワーも綺麗に見えます
b0172915_23193730.jpg


展望台から下を見ると、、、高所恐怖症の方でも意外と大丈夫なのではないかしら
高すぎて怖いと言う感覚が飛んでしまうのでは??
b0172915_14414815.jpg

b0172915_239162.jpg

二つのタワーを繋ぐブリッジから 隣のタワーを見ると、、、、、
おぉ~スコールが来そうですよ~ 
b0172915_23154311.jpg

近くで見ると 窓はこんなふうになっているんだ
b0172915_23155868.jpg


幾らでも写真をUP出来そう^^;  
b0172915_1018346.jpg


限がないので このくらいにしておきましょう^^;
by comuginet | 2014-10-24 06:45 | ★旅行 | Comments(2)

一度乗ってみる?、、、、って事で^^ KLにひとっ跳び~♪♪♪ Ⅵ 

昨日の続き、もう少し街を散策しましょう♪♪♪

チェン・フン・テン寺院(青雲亭)
台湾の寺院を思い出させる線香や御神籤方法です
1646年に建てられた、マレーシア最古の中国寺院
明の永楽帝の命を受けマラッカ大航海を支持した「鄭和」を称えて建てられた寺院です
中国南部の建築様式を取り入れ、屋根には陶磁で出来た繊細な中国の美しい装飾が施されています
b0172915_2142379.jpg

b0172915_21422522.jpg


此方は「関帝廟」
三国志で有名な関羽が祀られている寺院です
歴史好きには たぁ~まりません♪ワンダーランドでございます~^^
b0172915_21425072.jpg


「スリ・マハ・マリアマン寺院」  マレーシア最古のヒンドゥー教寺院
現在は使われていないようです
b0172915_7392480.jpg


「カンボン・クリン・モスク」 此方は イスラム教モスク
普段見慣れてるモスク、いわゆるドームがあってミナレットがあって、とははかなり違った様式
スマトラ様式の東洋色が強い
b0172915_8115141.jpg


最古多すぎ(笑) 
それだけマレーシアの歴史が古いと言う事ね
中国 インド マレーシア お隣同士 ご近所さんです(笑)


町を歩いているとチャイナタウンの中に点在するアートショップ
田舎なのに、、、おっと失礼^^; 素敵な内装の洋服屋さんがあったりして
端々にセンスの良さを感じさせる町なのがマラッカの素晴らしいところです
そういう美しい物を作り出す文化が残っているのでしょう
b0172915_17314063.jpg




                誰かに見られてる(笑)   あちらには誰かいる??
b0172915_8174766.jpg

                おぉ~  可愛いではありませんか~^^
b0172915_8181214.jpg

                キティーちゃんも居れば トトロも居る
b0172915_8183455.jpg

                此れは?????
b0172915_8184996.jpg

                パン屋さん?ドーナツ屋さんかな 可愛い♪♪♪
b0172915_8272371.jpg



街歩きは楽しい♪♪♪   時間があればクルーズも気持ち良いですよ♪
b0172915_9413237.jpg

b0172915_9415767.jpg


マラッカ川の畔に有る 「ハードロックカフェ」 こちらでコーヒータイム
うん良い雰囲気だね~♪  此処は夜に来た方が楽しかったかも^^
b0172915_942519.jpg



一休みしたら 丘の上まで行きましょう
「サンチャゴ砦」
1511年にオランダとの戦いに備えるためにポルトガル軍によって建てられた砦
外からの攻撃に対抗するために作られ、当時はこの周りは高い塀で囲まれていました
防壁は19世紀にイギリスによって取り壊され、現在は石造りの門と大砲のみ残されています
b0172915_1432364.jpg


サンチャゴ砦のすぐ近くにある 「マラッカ・スルタンパレス」
マラッカ王国全盛時の王宮を復元した建物で、現在は博物館
瓦屋根のように見えますが、木を貼り合せてあり、派手さはありませんが、やはり豪華な印象を与えます
海洋貿易で栄えたマラッカ王国の栄光の一端がうかがえますね
b0172915_737206.jpg

スルタンに謁見する外国からの使者の様子が人形で再現されています
b0172915_7513188.jpg



1521年にポルトガル人によって建てられた教会跡
外にはマッラッカ海峡を向いてザビエル像が建っています
「フランシスコ・ザビエル像」  ザビエルさん若い(笑)
b0172915_14343110.jpg

日本をはじめ、アジア各地で布教活動をしたフランシスコ・ザビエル
ザビエルの死後、遺体はマドラスへ送られましたが
右手だけは切り取られポルトガル本国へ送られたのですよね
像が建てられた当時 嵐によって右手のみ崩れ落ちてしまい、まさに遺体と同じ形になったのです

此の丘から望む マラッカ・タワーの奥に見えるのはマラッカ海峡~♪
歴史好きは、これだけでテンションが上がります(笑)
でも本当の「マラッカ海峡」は、ここから船で1時間ほどかかるのです
見えているのはマラッカ海峡の端っこ、ちょっと感動が薄れる(-。-;)ォィォィ
b0172915_14514583.jpg

b0172915_1452047.jpg



小さな町なので観光地も徒歩で歩き回れて 簡単に移動が出来ます
居心地のいいコンパクトな町は旅行者を魅了します

金曜・土曜・日曜夜に開催されるナイトマーケット、街はライトアップされ
家々に描かれたグラフティーを幻想的に映し出してそれはそれは美しい~~☆
一言で言うと「見所があって居心地が良い」これに尽きます

川辺の街並に描かれた壁画はライトアップされていると素晴らしいのです
多くの若いアーティストたちがこの壁画を描いています
ナイトクルーズでライトアップされた壁画は要チェックですよ☆☆
b0172915_14503234.jpg



女性が入りやすいオシャレなカフェも多くあります、ホント♪素敵なカフェは多いです♪♪♪
b0172915_803676.jpg


マラッカに旅行に出かけ
気がついたらマラッカで多くの時間を過ごしていた!という外国人が多いのだとか、、、
マラッカの良さに気がついたら長期滞在するほど この町は居心地が良いのでしょうね

なんといっても物価がそんなに高く無く、多くあるゲストハウスも環境がいいのに
料金は割安で食事の種類も多く 美味しい
気候は暑いですが雨期でも 局地的なスコールになるので 一日中降る事はありません


楽しい時間はアッと言う間に過ぎます

日が暮れたら賑わう街♪♪♪ ヤン婆達はワクワクしてきます('▽'*)ニパッ♪
次第に夕暮れの時間帯に、、、、、
おススメはやはり夕暮れ時!!海峡に沈みゆく太陽

マラッカ・タワーからマラッカ海峡を見る!
チャイナタウンを抜け、マラッカ川沿いを歩いて、高さ110mのマラッカタワーに到着
多くの貿易船がこの海峡を渡って行ったのです、、、、なんてちょっとロマンを感じる(笑)

そう、、、、沢木耕太郎が「深夜特急」で最も美しいと讃えた夕日
b0172915_14495396.jpg

私達は帰りの時間もあり、海に沈みゆく夕日まで見ていることは出なかったけれど
それはそれは美しい夕日でした。。。。。。

英語も通じやすく、治安も良く、価格でボラれる事も少ないです
そんな町がクアラルンプールから マラッカ鉄道で1時間45分 バスでも二時間ちょっとです


KLを早朝に出発し夕方までの短い滞在でも十分楽しめるマラッカ
ふらりと世界遺産の街へ♪ お薦めです(*^^)
by comuginet | 2014-10-23 06:45 | ★旅行 | Comments(2)

一度乗ってみる?、、、、って事で^^ KLにひとっ跳び~♪♪♪ Ⅴ 

マラッカ鉄道に乗り マラッカに向かいましょう~♪
朝5時起きで支度をし モノレールでKL駅まで行き そこからマラッカ鉄道に乗ります
KL市民マラソンの開催日だったようです
暑い国なので早朝のスタート 大勢のランナーが走っています
「頑張れ~」 「ファイト~」 声を掛けながらモノレール駅に向かう私達
b0172915_130261.jpg

早朝なので 改札 誰も通って来ませんねぇ、、、、
b0172915_21202639.jpg

駅のホームに、、、、あれ? ランナー?  如何したの?リタイア?
b0172915_1302530.jpg
 

1910年に建築された クアラルンプール駅 
ムーア建築の面影を色濃く残す歴史的建造物
とても美しい駅なんですよ~
これ、駅ですよ、駅! これが駅!!
美しすぎます☆ 素敵過ぎます☆ロマンチック過ぎます~☆
b0172915_1313695.jpg


電車内は日本と大して変わらないのですが
駅はオープンだし、チケット売り場もちょこっとカラフルだし、やっぱり異国なんだよな~
朝早いので 人も疎ら 昼間の喧噪がウソのようです
b0172915_1333374.jpg


マレーシア鉄道は、韓国の企業が請け負って、電化工事をし、最近リニューアルした鉄道です
日本の企業も、丸紅と三菱電機が
マレーシア国有鉄道南北幹線の、車両と電気制御部分を受注しているそうです

雰囲気有りますよね~ 
b0172915_135532.jpg


マレー鉄道はスズを運ぶために敷かれた鉄道
ググったところ、1848年、1人のマレー人がスズ鉱石を発見
その後多くの華人がやって来てスズを採掘、街はたちまち賑やかになったのですね
マレー半島の植民地化を進めていたイギリスがそれを黙って見ているはずもなく
資本力を武器にスズの産地から近くの港まで鉄道を敷き
さらに採掘そのものにも機械を導入して、あっという間に華人のスズ生産高を上回ったんだとか
さすが大英帝国だけあるぜ!!! スッゴイわ~

発車オーラ~イ♪♪♪
小麦達が乗った車体は韓国のヒュンダイでつくられた、まだ新しい車体です

後ろの席 女の子二人のマレー語のおしゃべりが聞こえてきます
可愛いんだわ~ 小麦にだって あんな時が有ったのよね~ 有った筈? 有ったと思う?
b0172915_1363562.jpg


だんだんとKLが遠くなっていきます
15分もするともう景色が田舎っぽくなっていきます

線路沿いには 来る時に飛行機の窓から眼下に見たヤシのプランテーションも広がっています
現在ある東西2本のマレー鉄道を完成させたのはゴム産業
スズが大都市を造り、大都市とゴムと港を繋ぐべく 鉄道は延伸したのだとか、なるほどね

ホテルのレストランが開く前に出て来たので お腹空いてます^^;
チェックインの時に お話ししたら パンとジュースで良ければと用意してくれました
バナナも入ってます♪ おしゃべりしながら 電車の中で朝ごはん^^
b0172915_13195876.jpg


窓の外にマレー半島の原風景が広がります、青い空、白い雲、緑のゴムの木、ヤシの木
b0172915_1372834.jpg

列車の旅は楽しいですね~ まさに世界の車窓からの世界です^^
線路~は続くよ~ 何処までも~♪♪♪

KLからマラッカ セレンバン駅まで約1時間45分のマラッカ鉄道の旅

は~い、着きました♪♪♪
マラッカは小さな町ですが
町の中心地に美しいオランダ風の教会や噴水広場が広がります
マラッカ観光の中心地「オランダ広場」
ピンク色の「キリスト教会」
1753年に完成したオランダ建築の代表例とされる木造のプロテスタント教会です
ピンク色の壁に映える純白の十字架が印象的で、高さ30mの教会の天井の梁は
継ぎ目のない一本の木を使い
組み合わせにも釘を一本も使っていないという高度な建築手法が用いられています
b0172915_13415511.jpg

マラッカの歴史博物館
キリスト教会の隣に建つ、旧総督邸
マラッカ王国時代に始まり、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地時代
日本軍の占領時代、そしてマレー連邦として独立するまでのマラッカの歴史を紹介しています
b0172915_13421219.jpg


トライショーと呼ばれる かなり派手に飾り立てられ、大音響で音楽を流す自転車が
観光客を乗せ、列を作って走り回っているのもまた異国情緒を漂わせています

小麦達の乗ったトライショー 何故か遅れるのですよ
何?重いの? 思わずお尻 浮かせましたがね(-。-;)ォィォィ
b0172915_1332742.jpg

暫く走ると ドライバーが「サシン」と言って停まりました
お土産物屋さんの駐車場でしたので、なぁ~んだタイアップしていて 
お土産を買わせるって事か、、、、あれ? ドライバーお店に背中向けて行くよ
「サシン」とドライバーの指差す先、、、、大きな黒船が出現!!!!  
サシン、、、、あぁ写真! 撮影ポイントって事だったのね^^;

この黒船は海洋博物館となっており その昔、マラッカ海峡で沈没した
ポルトガルの交易船「フロール・デ・ラマール号」を復元したものだそう
船内には当時、海運交易都市として栄えたマラッカ港の歴史や
貿易に関する写真や海図、船舶模型などが展示されているそうです
b0172915_14384842.jpg



ポルトガル・中国・マレーシア、、、
文化の混ぜ合わさった状態でポルトガルの建築物が並んだり、、、、
「ババニョニャ文化」と呼ばれる中国とマレーシア人の融合の歴史や食文化があったり、、、、、

小さな町なので観光地も徒歩で歩き回れて 簡単に移動が出来ます



1400年にマラッカ王朝が誕生し
600年以上にわたりポルトガル、オランダ、イギリスの列強に統治された歴史を持つマラッカ
東西交易の拠点として栄えたことから、多くの中国商人が一攫千金を目指してこの地にわたり
「プラナカン」という独自の文化も生まれました

「ババ・ニョニャ ヘリテージ博物館 」
プラナカンの大富豪の邸宅をそのまま博物館として公開しています
現在7代目だったかしら?
内部では当時の生活の様子や巨万の富を築いたプラナカンの人々の豪華絢爛な調度品や
マラッカに渡ってきた初期の頃の中国人の生活様式を伝える日用品
家具、結婚衣装など展示されていますが、撮影禁止
ルール違反の隠し撮り それでも此処まで とても内部は撮れません^^; ←だからぁ写真撮っちゃダメなのッ!!
b0172915_13344686.jpg

b0172915_1461244.jpg

b0172915_1463945.jpg

マラッカの歴史が作り出した街並みは、西洋文化の影響を感じる異国情緒あふれる建物や
ある時から時が止まっているような懐かしい風景もあり、どこを切り取っても絵になる雰囲気のある佇まい
のんびり散策するのにぴったりな世界遺産の街




マラッカ観光の目的 其の3!! ←1と2は何なんだ?(笑)
「ジョンウォーカー通り」 マラッカの繁華街の散策~♪
ショッピングストリートですね~
b0172915_9332065.jpg


b0172915_13392510.jpg

b0172915_1412352.jpg

かわいい雑貨店や洋服店がいくつもあるのでショッピングも楽しいです
b0172915_13395024.jpg

カラフルな色のニョニャ食器など女子心をくすぐるものばかりです
b0172915_7453773.jpg

ひとつ通りを外れると、静かな雰囲気になります
b0172915_14114677.jpg




お昼ご飯は名物「ババニョニャ料理」も食べておかないとね^^
小娘惹(Restaurant Anak Nyonya)
 ↑↑ なんか良いネーミングでしょう^^
小娘に惹かれて 婆4人(≧▽≦;) 美味しく頂いて来ましたよ
b0172915_936531.jpg

かつて東西交易のためマレーシアへ渡ってきた華僑などの男性と
現地マレーシア人女性が結婚し生まれた男性を「ババ」、女性を「ニョニャ」
「ニョニャ料理」とは、彼らの「おふくろの味」
中華料理がベースだけど、さらにスパイシーな味付けが多いのが特徴
わ~~~い♪ シュワシュワ~飲める~~~♪ ←そっちかい^^;
b0172915_14303129.jpg

b0172915_14305310.jpg

b0172915_1431659.jpg

お腹一杯になったら カロリー消化に歩きましょう♪♪♪

このキーサイドはとっても雰囲気のある場所
ここからマラッカ川を境にチャイナタウンへと続きます
b0172915_833544.jpg


まだまだ続きます マラッカの街 散策~^^;
by comuginet | 2014-10-22 06:45 | ★旅行 | Comments(2)

一度乗ってみる?、、、、って事で^^ KLにひとっ跳び~♪♪♪ Ⅳ

KLコミューターで30分ほどの
バドゥー洞窟に行ってみましょう
以前KLに来た時には洞窟まで電車は通っていなかったと思う

KLコミューターにも女性専用車両が有るんですね、乗ってから気が付いた
b0172915_10212417.jpg


バドゥ渓谷駅を降りると、インド系の人だらけ^^;
当然ですわね、バドゥ洞窟はヒンズー教の聖地

嫌でも真っ先に目に入る この方 何者? 
小麦には河童のようにも見えるのですけど、この方 自分の胸を引き裂いております^^;
b0172915_10222269.jpg


世界でも有数の高さを誇る およそ43mのムルガンの像を横目に
272段の心臓破りの階段を上っていきます
みんなが一斉に「大丈夫?上がれる?」と腰の悪い小麦を気遣ってくれます
「ウン! 大丈夫! ゆっくり上がるから 頑張わ!」
「小麦を気にしないで 先に上がって行って」
b0172915_20535763.jpg

b0172915_20531383.jpg


見上げるだけで倒れそう
ですが、、、、小麦には階段よりも もっと苦手なものが
実は小麦は鳥が苦手、傍に寄れない!  ところが 此処は鳩だらけ(≧▽≦;)
鳩の糞で汚いし、匂いも凄いし 小麦には最悪(ノД‘)・゜・。

しばし衛生的なことは 心の中 頭の中で無視することにしました
旅には、、、そうでもしないと辿りつかない場所というのがあるのよねっ!!!

よっしゃーー!!  272段!! 行くよ~~~!!!
b0172915_2056928.jpg


みんなに 気にしないで先に上がってと言ったのは良いけれど
鳩は怖いし 猿もいっぱい居て観光客の荷物を狙っているし
b0172915_2115296.jpg

一人で上がるのは嫌なので 必死でみんなの後を着いて上がって行きました
写真を撮りたくても鳩が写り込むので写真も撮れず(-。-;)ォィォィ

ん?272段の階段だったよね??
鳩と猿に気を取られ 気が付いたら上がりきってた^^;
b0172915_2123865.jpg


b0172915_10241522.jpg



岩山に大きな穴が開いて、光が射し込んでいます
長い時間をかけて出来たのであろう自然の神秘的な地形
b0172915_21102875.jpg

洞窟内は天井が高く、予想以上に広い、ちょっと感動しますよ
b0172915_2145610.jpg


洞窟内のヒンドゥー教寺院
信者の方々のお祈りの作法や僧侶のふるまい
宗教や文化など規律が厳しいものにほど世界観があるみたいな、、、、、
不自由な規律の中に濃い文化が生まれるというような、、、、、
ヒンドゥーの呪文や音楽が延々と流れ、額にはビンディーをつけた方々
さっそうとサリーをまとい祈る人々、、、、
b0172915_10265317.jpg

凄いところに来たんだな、、、、旅することの醍醐味を味わい、異文化体験にゾワゾワ致します

確かに此処はパワースポットなのかもしれません
自然の神秘の力によって出来たこの場所に
困難にも係らず神殿を作ろうと思った気持ちが理解できます
ヒンドゥー教徒でなくても、思わず神に手を合わせます
b0172915_2171512.jpg


b0172915_2111751.jpg


下り、階段の幅が狭く上り以上に怖いですが
それよりも何よりも 鳩、、、、猿、、、、、(≧▽≦;)
b0172915_10273430.jpg

次にKLに来ることがあっても 此処はパス!!^^;
by comuginet | 2014-10-21 06:45 | ★旅行 | Comments(10)