カテゴリ:★旅行( 141 )

カナダでお花見~♪ 食べた♪ 飲んだ♪

カナダでお花見~♪  プロローグ
カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編

カナダでお花見~♪  ①
カナダでお花見~♪  ②
カナダでお花見~♪  ③
カナダでお花見~♪  ④
カナダでお花見~♪  ⑤
カナダでお花見~♪  ⑥

b0172915_10582738.gif



毎日元気にカナダの旅を楽しんでいたのですが、一つだけ問題が、、、、
スーパーやコンビニでもアルコールは売っておらず
お酒類はリカーショップでないと買えないのです しかも リカーショップが少ないので 超~不便~(≧▽≦;)

カナダでは屋外での飲酒も禁止
これからの季節 ビアガーデンなんて たまらんのにね~ カナダの酒のみ可哀そう^^;

そもそもカナダの人はあまりアルコールを飲まないみたい
毎日飲むというと、「お前はアル中か?」と言われるらしい^^;
昼間から飲んでる私達 アル中の集団だわ(-。-;)ォィォィ

毎晩 寝る前にホテルの部屋で宴会する私達 
リカーショップで、5人分のbeerやwineを大量に買い込んで 店員さんに驚かれましたわ(笑)
「こんなに たくさん買うの?お土産?」
「ううん、今夜 皆で宴会するの♪♪♪」
「本当?ヽ(*'0'*)ツ 」

まぁ、、、そのおかげでパブやワインバーを見つけては入ってましたけど(笑)
1894年に建造されたレンガ造りの発電所を、そのまま利用して改装したパブレストラン
b0172915_714122.jpg

地元のbeerも美味しく飲んで♪♪♪
b0172915_6572591.jpg

b0172915_6574044.jpg


出発前にググって予約しておいたワインバー  
ヒットでしたね~ メッチャ美味しかった~♪♪♪
お料理も美味しくて追加オーダーしたり、大満足のお店でした
b0172915_656565.jpg

b0172915_7484018.jpg

b0172915_6581061.jpg


バンクーバーのエルボウ・ルーム・カフェ
営業時間の短い朝食の名店  エッグ・ベネディクトの種類の多さ
皿からはみ出すほどのパンケーキや、種類豊富なオムレツも人気
1983年のオープン以来、映画関係者の常連が多いことで有名
b0172915_6583088.jpg

ランボーさんも食べに来てたのね~^^
b0172915_6585275.jpg


イギリス色の濃いカナダ  アフタヌーンティーは外せませんね
エンプレスホテルのアフタヌーンティー
テーブルや家具 調度品に至るまで、歴史の重みを感じさせてくれる重厚な雰囲気
ピアノの調べに耳を傾けながら、これから始まるアフタヌーンティーへ、気分の高揚を抑えきれません
最初に供されるお茶はホテルオリジナルのエンプレスブレンド
インド セイロン 中国、ケニアなどのお茶をブレンドしたもので
スッキリした味わいで 癖もなく、飲みやすいお茶でした
b0172915_703249.jpg

エンプレスブレンドが口に合わない場合、他の紅茶に変えることも出来ます
アールグレイ、ダージリンなどの定番を始め、何種かのセレクションがあります
追加料金が必要ですが、ジャスミンティーやウーロンティーへ変更することもできます
スパークリングワインやカクテルといったアルコールの追加注文も可能です
b0172915_7355511.jpg

お茶のお代わり  
小麦はローズティー 皆もそれぞれ お代わりをオーダー
Yちゃん メニューを見ながら迷っています
「これにしよう♪ これお願いします」

ローズティーの香りに夢心地の小麦(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
まわりのテーブルの皆様方も静か~に優雅~に お茶を口に運んでおります

Yちやん 運ばれてきたカップを しなやかな指で持ち上げて
クンクンと香りを嗅いでいましたが、、、、
「これ、何だか家のお風呂の匂いと似てる!」

その一言に私達 危うくそこらじゅうにお茶を撒き散らすところでしたわヾ(・・;)ォィォィ

「日本の何処かの店だったら もう、来れんがね」
「カナダで、まわり外国人ばっかりで良かったよね~」

皆でYちゃんの頼んだお茶をクンクン・・・・・
確かに 入浴剤というか 柔軟仕上げ剤と言うか、、、、そんな匂いがするヾ(・・;)
哀れ、君の名は ハーブティー(≧▽≦;)

チップや税金を加えると お茶にしては値段は張るアフタヌーンティーですが
折角のカナダ滞在 後で思い出に残るステキな時間を過ごせること間違いなし
小麦達もYちゃんの一言で一生忘れないアフタヌーンティーになりました(笑)

此方はブッチャートガーデンでのアフタヌーンティー
アフタヌーンティーを象徴するティースタンド
このトレイを彩るスイーツやサンドイッチはアフタヌーンティー最大の楽しみですね
b0172915_8143392.jpg

スイーツ  スコーン サンドイッチ 女性なら間違いなく十分ランチ代わりになる量です
食べきれない時はお持ち帰り出来ますから、遠慮せず持ち帰り、あとでおやつにしましょう^^/
小麦達も お持ち帰りしました^^
b0172915_8165062.jpg

持ち帰ったケーキはホテルの部屋で宴会のアテに~^^
b0172915_785513.jpg


普通のカフェでもお茶しましたよ♪♪♪
b0172915_8174923.jpg

b0172915_8175978.jpg

食べ物も美味しかったですね サーモンたくさん食べて来ました
b0172915_8281184.jpg

しばらくサーモンは食べなくても良いわ^^;
b0172915_8192189.jpg

b0172915_8193454.jpg

b0172915_8194643.jpg


海外何処に行っても 日常生活に密着したスーパーは
値段もわかりやすいので、旅行者にとっても最高の買い物場所
スーパーを通して見える現地の生活ぶりは旅の楽しみの一つですよね~^^
海外のスーパー大好き私達、お目目ランラン~☆ お土産買い出し~♪♪♪

ベリー類 キラキラ~☆ 美味しそう~♪
b0172915_7291581.jpg

メープルシロップ 大量に並んでいました
b0172915_7102100.jpg


チョコレートの山も崩れそうです~(笑)
b0172915_7121621.jpg

此れもチョコレート ラブリ~♪♪♪
b0172915_7124566.jpg


ブルーベリーワイン
カナダといえばアイスワインが有名ですが
天気のいいオカナガン地区で育ったフルーツを使ったフルーツワインもお勧めです♪
b0172915_7133840.jpg

アイスワインも色々種類があるので 小さいサイズを何種類も買って、皆でシェア
b0172915_7131094.jpg


ロッキーマウンテンチョコ
ビックでカラフルなチョコレートが魅力♪
お土産にピッタリな小粒詰め合わせなど、味、サイズ、色々あって飽きません
ちょっと日本人には甘すぎる物も有りますが
試食もできるので心配無用です、好みのチョコを買いましょう♪
b0172915_7324148.jpg

綺麗なお姉さんが試食のチョコを薦めてくれます
b0172915_733569.jpg



そうそう、、、、バンフ出食べたこれも美味しかった^^
ビーバーの尾っぽに似た形をした、揚げパン 
一番シンプルなシナモン&シュガーをチョイス
2分ほど待ってくれと言われ、その場で揚げてくれます
ハイ、良い子はお利口さんにして2分待ちましたよ^^
子供の頃に給食で食べた揚げパンのような風味です
かなり大きなサイズですけど 歩きながら食べてたら、アッと言う間に平らげてしまいました^^
b0172915_7423970.jpg


バンクーバーで良く見かけた
JAPADOG ジャパドッグというからには、日本人がやってる??
なになに?ハリウッドからやってきた?
b0172915_7431376.jpg

b0172915_7432978.jpg


ホテルのラウンジから見る夜景も綺麗~☆ 
b0172915_752226.jpg

ただ見てるわけないですよね~、、、やっぱり飲む(笑)
b0172915_752124.jpg


カナダの旅も残すところヴィクトリアだけになりました
大量の花の写真 どうやってUPしようか思案中。。。。。
by comuginet | 2016-05-12 09:38 | ★旅行 | Comments(2)

カナダでお花見♪ ⑥

カナダでお花見~♪  プロローグ
カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編

カナダでお花見~♪  ①
カナダでお花見~♪  ②
カナダでお花見~♪  ③
カナダでお花見~♪  ④
カナダでお花見~♪  ⑤
b0172915_10582738.gif


キャピラノ吊橋にやってまいりました ^^/
b0172915_8314857.jpg


キャピラノ・サスペンション・ブリッジ
1889年スコットランド人土木技師のジョージ・グラント・マッケイがキャピラノ渓谷周辺の美しい景色に感動し
キャピラノ川の両端の土地を買い先住民族の力を借り
麻のロープと杉で高さ70メートルのところに橋をかけたのが始まり
「キャピラノ」とは その先住民の首長の名前  左の方がキャピラノさん
b0172915_8325716.jpg

彼の死後、ワイヤー制のものに変わり、1914年には太い鉄綱ケーブルで補強され
現在の吊橋はケーブルの両端をコンクリートで固めた頑丈なもので1956年に作り直されている 
長さ170m 谷底からの高さは70m 
b0172915_7592896.jpg

私達も渡りましょう~  通行手形の(笑) スタンプを押して貰います
b0172915_837583.jpg

吊橋に移る所で 既に揺れています、よっこらしょ!と 吊橋に着地(笑)
さすがに長いので かなりたわんでいます、床の幅も広いし、下も気にならないので 全く問題なし!
メンバー誰も高所恐怖症は居ないので ハイこっち向いて~ あっち向いて~と写真撮りまくり~^^
色々な国の人が次々に渡って来ます
人が歩くたびに揺れます、これくらいの揺れなら手摺りを掴まなくても大丈夫^^/
大勢渡ると揺れ幅が増幅  オットット、、、身体が揺れますが怖くはないです♪
b0172915_83953.jpg

下を流れる清流 
b0172915_804641.jpg

吊り橋を渡ると散策コースがあるので 一回り森林浴~♪♪♪
b0172915_8411894.jpg

こ~んな高い所にも木道が架けられています

b0172915_8415042.jpg

b0172915_842856.jpg


吊り橋を渡ったら次は、、、、
クリフウォーク
b0172915_9533962.jpg

2011年3月にオープンした遊歩道というよりも空中通路といった感じでしょうか
所々で歩道の一部が強化ガラスとか金網状なっています
キャピラノ渓谷の景観を余すところなく楽しむため、崖よりも大きくはみ出しています
b0172915_924464.jpg

b0172915_9241281.jpg

山の岩肌に鉄の棒を打ち込んでいるのです しかも 所々にこんなプレートまである 
何々、、、水が凍って岩を割る、、、、ちょっとぉ~~大丈夫かねぇ~・(((p(≧□≦)q)))・
b0172915_9254061.jpg

歩いている時はキャーキャー♪♪♪言いながら写真撮っていましたけど
いやぁ~ ふと考えたら 吊り橋よりも此方の方が怖いかも、、、
と言いながら振り向いてイケメンは撮る(笑)
b0172915_9242739.jpg


グラウス山の山頂へ向かうロープウェイの乗り場
此処に向かう間に みるみる内に空が暗くなって来たのだけれど、、、、
ロープウエイに着くころには、こんなんなりました~(≧▽≦;)
またまたユ〇クロさんの出番ですがね^^;
b0172915_15142810.jpg

グラウス山は 標高1200m   
山頂の展望台からはバンクーバーの全貌が、、、、見えんわな(≧▽≦;)
見えんどころか 到着した山頂は・・・雪景色
b0172915_9362247.jpg

標高800mのラインが雪かどうかの境目だそうです
確かにロープウエイから外を見ていたら、ちょうど その辺りから雪景色でした
遭難する前に下山しよう~^^;

3000mの山々が連なるバンフだって、今年は春の訪れが早いと言ってた
雪も積もってなかったのにぃ(ノД`)・゜・。
そう言えば先週はバンフで暑さによる山火事も発生してましたね、、、、

山に囲まれたバンフ  海沿いのバンクーバー 天気がコロコロ変わるのがカナダなのですね


しかし、、、、
たいして観る所もないダウンタウンからちょっと離れただけでこんな自然があるバンクーバー 恐るべし!!

続きは、、、、
ヴィクトリアにはフェリーで向かいます
by comuginet | 2016-05-10 06:35 | ★旅行 | Comments(6)

カナダでお花見~♪ ⑤

カナダでお花見~♪  プロローグ
カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編

カナダでお花見~♪  ①
カナダでお花見~♪  ②
カナダでお花見~♪  ③
カナダでお花見~♪  ④

b0172915_10582738.gif



チケットを購入してカナダラインで移動です 
自動販売機には ちゃんと日本語表示にできるボタンも付いているのは旅行者には嬉しい♪

改札何もなく そのまま乗り込みます、改札がないので 無賃乗車の方も多いとか
私達が乗車している間に 緑の制服を着た係りの方が途中駅で乗り込んできて
切符提示を求めて見回りしていました
案内表示を5人でガン見しながら(笑) バンクーバーシティセンターで下車
b0172915_643821.jpg

下車しても改札があるわけでもなくフリー状態
そのまま エスカレーターに乗り地上へ ここから ホテルは 徒歩1分のはず、、、、
目の前の歩道を渡ったら そこがホテルでした^^

ホテルのHPに「空港からタクシーで30分 ただし渋滞覚悟」とあっのと
現地の公共交通に乗るのが大好きな私達、カナダラインでの移動と決めてバンクーバーに来た
空港を出てから30分足らずでダウンタウンまで来れました、とっても便利です♪

ホテルに荷物だけ預かってもらい、散策~♪
散策に行くと行ってもバンクーバーの街中は 此れと言って、、、、何もありませんヾ(・・;)ォィォィ
都市部なのでショッピングなどを楽しむには良いのですが、何処といって面白い観光スポットはありません

グランビル・アイランド
グランビル・ブリッジの下に産業目的で作られた埋立地
1950年代はカナダの造船業の中心として栄えたが徐々に衰退し、1970年代に再開発されたらしい
レストラン ショップ ギャラリー 市場などがあり、観光客だけでなく地元の人にも人気のスポット
中はなかなか入り組んでいて
出発前にネット検索し地図をプリントして持って行ったのですが、、、
まぁ、、、その地図の役に立たない事!! 本当に役に立ちませんでした(‘‐●_‐´怒)ムッ
wifi拾ってナビで歩きはじめましたが ナビで歩くほどの事もないと
cafeでお茶して 少しお土産を買っただけ(笑)
b0172915_6472045.jpg

グランビルアイランドにある
バンクーバーの旅行ガイドに必ず登場している セメント工場のタンク 
b0172915_6441392.jpg


良い天気でしたので、街は様々な国からの観光客で賑わっていました
春の柔らかな日差しが気持ち良い~♪♪♪ ♪♪♪
すれ違う若い女性たち
「どうしてあんなに背が高くて足が長いんでしょうね~」
「お顔も可愛い♪♪♪ スタイルも良い♪♪♪」
「私があんなスタイルだったら 水着で歩くわ」(爆)

スタンレーパーク
ロブソン通りを西へ歩けば突き当たります
広さは400ヘクタール 外周は10キロの深い森に覆われた公園です
サイクリングロード  ウォーキングコースなど整備され市民の憩いの場
芝生広場やテニスコート ミニゴルフ場、水族館や動物園といろいろな施設があります
公園を開園した当時(1888年)
カナダの総督だったダービー・スタンレー16世にちなみ名前が付けられたとの事
満開の桜 丁度 散り始めたところ 良いタイミングでした~
b0172915_2125379.jpg

b0172915_8485663.jpg

b0172915_8502797.jpg

北アメリカの都市公園トップ10に入るほどの大きさ、公園を一周出来る馬車やバスなども有ります
運良く野生のアライグマに遭ったりすることもあるそうですよ、私達はリスしか見ませんでしたけど(笑)
b0172915_21331763.jpg

トーテムポールパークが見えてきました
このブリティッシュ・コロンビア州には7つの部族が先住民族として住んでいたのですが
それらの人達が作った巨大なトーテムポールがここには残されています
b0172915_833581.jpg

b0172915_8374029.jpg

それぞれの部族によって形も色も描いてあるものも違い
部族の歴史や家門、言い伝えを残しておくものなのだそうです
b0172915_8375660.jpg

お土産売り場のおじさん
トーテムを見た後だからじゃないけれど、、、ちょっとネイティブカナディアンぽいヾ(・・;)
「Excuse me? Can I have a coffee?」
「ハ~イ、コーヒーね~ バンクーバーには旅行?日本から来たの?」何日くらいいるの?」
おぉ~思いがけず流暢な日本語ですがね~^^ 私達より標準語だしぃ~(笑)
英語で答える必要も無いので
「はい、1週間と少しです~」
「1週間?短いよ~ 1年でも短いくらいだね!」
お土産売り場の名物おじさんだったみたいですね~ 観光客にニコニコ対応してました^^

クイーンエリザベス公園
リトル・マウンテンと呼ばれていた市内で一番高い丘に、1939年のエリザベス女王来訪を記念して作られた公園
さまざまな季節の花と樹木が植えられています
サンクン・ガーデンは広場から沈んだようになって広がっているので
花と木と遊歩道が織り成す庭園全体を見渡すことができます
サンクン・ガーデンとは「沈床庭園」という意味で、19世紀の英国で作られた庭園にはよくあるスタイル
後で行く、ブッチャートガーデンの沈床庭園が有名ですね

b0172915_21294938.jpg

ギャスタウン
バンクーバーの有名な観光地、ギャスタウン
イギリス人水兵の蒸気船船長で
1867年に初めてこの地域に酒場を開いたギャシー・ジャック・デイトン の名前が由来
名物の「蒸気時計」
目抜き通りのギャスタウンの一隅にある蒸気で動く時計
b0172915_733490.jpg

バンクーバーの町は此処から始まったのですが
大火、衰退などの経過後、バンクーバー発祥の地として再興されたそうです
石畳、煉瓦、アンティークな街燈などは、なんとなく横浜の馬車道あたりを思わせる風情ですね

バンクーバー発祥の地ギャスタウンをサッと通って、ロブソン通りあたり
この通り沿いには日本食や韓国料理などの店がたくさんあり
かなり安い店もあるのでアジア系の人達がたくさん群れていました
日本人ワーホリもあちこちで働いてます
バンクーバーは日本人だらけですので、買い物やショッピングで言葉で困る事は無いです

そぞろ歩きを楽しんで、ギャスタウンの時計の所まで引き返して来たら
周りに人が集まってカメラを構えていました  小麦達もカメラを準備
チャイムのような音と共に
時計のまわりから大きく蒸気を吹き出し始めました
住民の人は毎日見馴れた光景なのでしょうが、観光客達にとっては珍しい瞬間
嬉しそうな声をあげたり、盛んにシャッターを押したりして、時計のまわりはしばらく賑わいまし
b0172915_653942.jpg

カナダで知らない人はいない、ファーストフード店 ティムホートンズ
ティムホートンズのロールアップと言うクジ、期間は毎年2月から4月中旬頃まで開催されている

コーヒーなどの飲み物を購入した際の紙コップの縁をめくると
コーヒー1杯から車まで当たる、、、、かも知れないというクジ♪

今年は2月3日(水)よりスタートして4月17日(日)まで配布できるように
カナダとアメリカで、物凄い数のカップが用意されているそうです
おぉ~ 小麦達もギリギリ間に合いましたね~ 
一攫千金 狙ってコーヒー飲みましょうか~♪^^/

当たった場合の引き換えは5月8日まで コーヒー1杯か? はたまた車か?!
「いやん、車が当たったら 如何しよう? 乗って帰る~?」(爆)
b0172915_21343848.jpg

バンクーバーの街中では特に観る所もなく、、、 一応 此処も観て来ました
オリンピック聖火台
b0172915_6575711.jpg

美術館
思いがけず アンリー・ウォフオール展を開催していて、ちょっと感激♪♪♪
内部は撮影禁止でした
b0172915_659358.jpg

トロリーバスが走れば、、、、
b0172915_8462235.jpg

観光馬車も走る、その馬車を撮るのに小麦達も走る(笑)
b0172915_8464510.jpg

住宅街は八重桜が満開♪
b0172915_8492287.jpg

夕暮れ時、、、、
b0172915_84845.jpg

b0172915_905954.jpg

b0172915_8482643.jpg

夕飯を食べながら日が暮れるのを待ちましょう~
b0172915_98822.jpg

b0172915_982876.jpg

インナーハーバーの夜景も美しい~(´ー`*)。・:*:・
b0172915_9193393.jpg

ライトアップされた州議事堂が見えて来ました~
b0172915_9205028.jpg

b0172915_921320.jpg

酔い覚ましにホテルまで散歩しながら帰りましょう~
ホテルに帰ったら、、、飲み直し~宴会♪♪♪ 


次はバンクーバーで遭難の危機??
by comuginet | 2016-05-06 09:28 | ★旅行 | Comments(4)

カナダでお花見~♪ ④

カナダでお花見~♪  プロローグ
カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編

カナダでお花見~♪  ①
カナダでお花見~♪  ②
カナダでお花見~♪  ③

b0172915_10582738.gif



旅先では元気一杯(笑)
陽気のいいバンフの街~♪♪♪ 素晴らしい青空と気持ちの良い空気
ペンキで塗ったように鮮やかに晴れて 散策していても、本当に気持ちがいいです
b0172915_10181591.jpg

日本人のみならず、自然派志向の欧米人に圧倒的な人気を誇る街 
人口4000名くらいの小さな町に観光客の多いこと!
南北にメインストリートのバンフ・アベニューが走り、分かり易い町並み
迷子になるようなところではない

「空気が清々しくて」
「身体を動かしたくなるね~」
「歩け~♪ 歩け~♪」

バンフの中心街から ちょっと外れただけでこんな景色になります
歩いてボウ川を渡る リスが木の間で ちょろちょろ遊んでいる
その上には露天風呂があって水着で入れる
b0172915_10205610.jpg

ボウ川沿いに川を下ると
マリリン・モンロー主演の映画「帰らざる河」のロケ地として知られる 
ボウ滝の手間に出る静かに流れる川が、ところどころ白く渦巻いている
このすぐ上、山の中腹には、お泊りしたお城のようなホテル
バンフ・スプリングス・ホテルがあるのですが下からは見えない
b0172915_1019885.jpg

今では大型観光バスで団体客が出入りする人気ホテルですが
バンフの街が今のように拓けるきっかけになった歴史あるホテルで外観は中世のお城みたいです
b0172915_10413148.jpg

朝もやの中 ホテルの中庭
b0172915_10442070.jpg

ホテル中もアンティークです
b0172915_10443720.jpg

b0172915_10445545.jpg

b0172915_1045729.jpg


お昼ご飯をたらふく食べて、、、、
b0172915_10324054.jpg

鮭のクレープ包み  美味しゅうございました~
b0172915_1034223.jpg

レストランを出ると、、、そこは雪だった、、、、 さっきの青空は何処へ~~~
雪!? 4月だよ 雪~~~ッ!
猛吹雪!!ふ、ふ吹雪くの~~(◎ー◎;) 
呆然と立ち尽くす小麦達の目に もっと信じられない光景が!
吹雪の中を半袖で平然と歩く白人が何人もいる!
何なの~この人達?!寒くないの?!
日本の童話に出てくる鬼は実は白人だという説もあるが
まさに この時は彼らが半袖の鬼に見えたヾ(・・;)ォィォィ

そんな姿に寒さが倍増 
慌ててウルトラライトダウンを着こんだのは言うまでもありません
ユ〇クロさんお世話になります(笑)
一日の中で くるくる変わる天気 雪雲が去れば また青空が広がります

アッと言う間に雪雲は去り、青空が広がる さっきの吹雪は夢か??
お日様サンサン♪ 全然寒くない こりゃ白人さんじゃなくても半袖でいける(笑)
一日の中でこんなに温度差があって、ここらの人は風邪などをひかないのか?


カナダの山には神様がいない
何故こんなすごい山が信仰の対象にならなかったのかな?
山の一つ一つに神様がいるような日本では不思議な気分です
ネイティブカナディアンにとっては神聖な山もあるみたいですが ググった限りでは一部だけでした
山々を見て、その自然の雄大さに恐れをなし 信仰の対象とするか、、、、登山という形で征服するか、、、、
b0172915_1049371.jpg

キリスト教の人々によって入植されたということが大きいのかな、、、
そもそも日本の山と全然違うのかなと思いました
日本だったら、此の辺りの山は神社だらけの 超~修験道になっていたりして^^;


朝日に輝くカスケード山にお別れしてバンクーバーに向かいましょう
b0172915_10462968.jpg



次はバンクーバー♪
by comuginet | 2016-05-03 09:18 | ★旅行 | Comments(4)

カナダでお花見~♪ ③

カナダでお花見~♪  プロローグ
カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編

カナダでお花見~♪  ①
カナダでお花見~♪  ②

b0172915_10582738.gif



エメラルド湖
湖に浮かぶカヌーが絵になる♪
絵葉書の世界ですよね~(´ー`*)。・:*:・
b0172915_15505452.jpg

実際この目で見ても、本当に絵葉書で見るような色の世界が広がっています
湖の上は静かで、カヌーを漕ぐ音と鳥の声だけが聞こえて
普段の自分や現実が すごく遠くに感じました
湖は しーんと静か ずーっと1日中ここに居たかったです

あぁ~ あの日に帰りたい←何時よ?(笑)
b0172915_742392.jpg

エメラルドグリーンの水を間近で堪能
b0172915_1550846.jpg


「此処にい居るだけで心が洗われるね~」
「どんだけ心が汚れてるんだ」
「そりゃぁ~ねぇ、、、、60ウン年分の汚れが溜まってるのよ」
「全部 洗い流して行かなきゃね」
「ダメッ!!! こんな綺麗な所で洗って水汚さないでッ!!」
「・・・・・」
b0172915_15583996.jpg


タカカウ滝
カナダ1番の落差のある滝、
すごく狭い道を通ってたどり着きました 迫力満点です
時期によって、水量がだいぶ違うみたいです
幅はそれほどありませんが 高さがあるので近くまで行くと水飛沫でビショビショ
ゴーーーーッ!と凄い音 子どもに戻ったみたいに 皆テンション上がりました(笑)
b0172915_7352698.jpg
 
ナチュラルブリッジ
氷河の融けた水によるキッキングホース川の水流が、、、、
b0172915_951312.jpg

石灰岩を長年にかけて侵食して出来た岩の橋
その橋の切れ目から渦を巻く水の流れが眺められます
ドドドドド!!っと勢い良く水が流れてます
b0172915_9505276.jpg

昔はこの橋のようになっている部分を渡れたらしいのですが
落ちると確実に死ぬので、近年は通行禁止

無理に柵がしてあるわけではないので、渡ろうと思えば簡単に渡れますヾ(・・;)ォィォィ
、、、が!! 何かあって訴えても個人の責任ってことで誰も何もしてくれません、全て自己責任です
写真ではちいさく見えるかもしれないですが結構大きいです
b0172915_9445284.jpg

レイクルイーズ
突然夢の世界かと思わせる、素晴らしい湖が出現する
カナディアンロッキーの宝石とも称えられるレイク・ルイーズ
b0172915_9552455.jpg

湖の向こう側にはビクトリア山がそびえ、ビクトリア氷河から溶けた水が流れ込み
明るいエメラルドグリーンの湖水はいくら見ていても飽きない
どことなく女性的で、ロマンチックな雰囲気が漂っています
雪山  新緑  湖の色 パーフェクト~(´ー`*)。・:*:・
b0172915_737218.jpg

レイクルイーズの水の色はエメラルドグリーン 溶けだして流れてきた氷河の水と
石灰石が化学反応?のようなものを起こして こんな不思議な色にするそうです
b0172915_7364791.jpg

不思議な緑色をした湖水は
両側にせまる針葉樹の深い森と湖の向かい側の巨大なビクトリア氷河を鏡のように映しています
ダイジェストにUPしたスマホで撮った写真の方が色が綺麗か?^^;
b0172915_8191321.jpg

モーレン湖
モレーン湖の風景は旧20ドル札にもなったようで、カナダではよく知られている風景
コバルトブルーの色が近くよりも 遠ざかった方が濃く美しく見えましたね
この美しい湖を基点として、いくつかのトレッキングコースも設けられているので
時間に余裕が有れば歩くのも楽しいでしょうね♪
歩く時は、、、、熊が出るので、4人以上でハイキングして下さい
クマを驚かせないように、野生動物にも優しいエリアです^^
「ウン?婆達の迫力にクマが驚くって??」(笑)
b0172915_763266.jpg


モレーン湖は水の色がとにかく綺麗な湖
ツアーの順番が逆で、ここを一番最初に見ちゃうと
他の湖の美しさが霞んでしまうので ここをメインに持ってくるのが良いとドライバーが言ってました
b0172915_794152.jpg

b0172915_791480.jpg


カナダの湖の美しい色は
氷河が流れながら地表を削りとって運んで来る細かい岩や土によるもの
その粒の量や成分や大きさや浮かんでいる深さなど 
色々な要素によって光の屈折が変わりますから
それが湖の美しい色を生み出したり、色の違いを起こすのだそうです
この岩石の粒は「ロック・フラワー」と呼ばれます

バンフでは出発前にネットで予約した こんな車で回っていました
ドライバーはガイドも兼ねているので氷河や湖などでは詳しい説明もしてくれます
b0172915_8273671.jpg

カナディアンロッキーの自然の素晴らしさ
コロンビア大氷原など 温暖化により 氷河が年々縮小していることなど
自然環境保護の大切さを感じました

どこも静かで、空気が良くて こんなに自然が癒してくれるのかっていうくらい
マイナスイオンをたっぷり吸って お腹いっぱい胸いっぱい♪♪♪
生の自然を体感できました^^

次のUPは、、、、
バンフでは素敵なホテルにお泊りしてました
ホテルの回りも散策して来ましたよ^^
by comuginet | 2016-04-30 10:14 | ★旅行 | Comments(4)

カナダでお花見~♪ ②

カナダでお花見~♪  プロローグ
カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編

カナダでお花見~♪  ①


b0172915_10582738.gif



この国道1号線の長さは7800kmで世界第2位とか
7800kmと言えば成田~バンクーバー間の飛行距離に匹敵するらしい
でっかいよ~~~ カナダ~~~

カナダでは特に冬場は、ハイウェイに止まっている車があれば
通りかかった車も止まって、様子を尋ねるのが当たり前だそう
冬場にこんな道路でエンストしたりして動きが取れなくなったら 即!命の危険!ですものね

町を出ると、道路の両側には広大な放牧場が続き
人家は全く見えなくなり、針葉樹林と岩山ばかりのハイウェイ
b0172915_823729.jpg

b0172915_85089.jpg

ズ~~~~~ム♪
b0172915_855271.jpg

b0172915_8102272.jpg

b0172915_912633.jpg

b0172915_9122097.jpg

トンネルも陸橋もない 真っ直ぐ伸びる高速道路に遮るものはない
アイスフィールド・パークウェイはジャスパーまで通じている

所々に面白い形のブリッジが道路上に架かっている 野生動物の通路とのこと
冬の時期は路上に融雪の為に岩塩がまかれるので
その塩分を舐めに動物たちが路上にやって来る事も多々あるらしい
b0172915_995918.jpg


アイスフィールドパークウエイの一番の観光スポットは、なんといってもコロンビア大氷原
その全容は空からしか見る事が出来ないのだそうです
b0172915_9134346.jpg

コロンビア大氷原から流れ出す川は
世界の7つの海の中の3つ 北極海 大西洋 太平洋に流れ出して行く
太平洋に出た水は、海流に乗って日本まで到達する と言う説明の地図にTokyo があった
コロンビア大氷原が 世界の水の源となっている、ここで歩く事が出来るのはアサバスカ氷河だけ
b0172915_9143953.jpg

b0172915_815843.jpg

アサバスカ氷河は、コロンビア大氷原の末端部に過ぎない
1万年以上前からの蓄積だと言われる氷の平原、そしてコロンビア大氷原の端から流れて 
今アサバスカ氷河になっている氷は800年ほど前の氷だそうです
b0172915_8141694.jpg

山なので天気の移り変わりが早く、5分で吹雪→晴れになったりしますが
この日 お天気 最高~~~   ラッキー(*^-゚)vィェィ♪
b0172915_821583.jpg

ところで 「氷原」と「氷河」の違いって何?
「大氷原」というのが全体を指していて、大氷原から氷河が流れ出ています

コロンビア大氷原から流れ出ている氷河は
・アサバスカ氷河(Athabasca Glacier)
・キャッスルガード氷河(Castleguard Glacier)
・コロンビア氷河(Columbia Glacier)
・ドーム氷河(Dome Glacier)
・スタッドフィールド氷河(Stutfield Glacier)
・サスカチュワン氷河(Saskatchewan Glacier)

ググってみると、これらの氷河から
コロンビア川、ノースサスカチュワン川、アサバスカ川が流れているとのことです
b0172915_9402233.jpg

雪上車は 現在のものが 3代目
特色は大型化さ れゴムタイヤにしたことや 窓を開けられるようにしたこと
2代目のものは キャタピラ方式
氷を削って 氷河の寿命を短くしてしまうことが 懸念されていたそうです
1代目は少人数しか乗れない、という説明だったような、、、、、後は何だっけ?^^;

雪上車の全長13m 高さ3.8m定員は56名 タイヤの大きさ1.5m  最高速度42Km 
32度の傾斜でも耐えられる様に設計され
前後左右の外の景色もよく見えるように 窓も工夫されています
運転手は後が全く見えないので 動き出した車両の後ろには
絶対に周ってはいけないと 厳重に注意を受けました
b0172915_8295564.jpg

雪上車 世界に23台しかなく ここに22台あり
残りの1台は 米国が南極大陸で使用しているらしいです
カナダには自動車メーカーがないため
カルガリーの重機メーカーが 特注で制作し1台約1億円以上するそうです
我が地元 愛知県には世界的なの自動車メーカー有りまっせ^^
発注してくれたら良い物 作ると思いますけどね~(笑)

堆積物の細かい砂利道を進んで氷河に向かいます  
20度近い傾斜もなんのその! 前後左右に揺れます
坂道の20度って実際乗っていると 車両の高さもあり 45度ぐらいに感じます
遊園地のアトラクションみたい (笑) 

氷上に入る時には 雪上車は 貯水池を抜けます
氷上に 汚れを持ち込まない様に タイヤを洗うのです
b0172915_83133100.jpg

ここは 標高約2200メートル 氷の厚さは 最大約350メートル  
これほどの氷河は 世界にもう1つシベリアにあるのみで
自分の足で立つことができるのは コロンビア大氷原が 世界唯一のもの
私達は 貴重な体験をさせて頂いてるのですね
b0172915_832418.jpg

b0172915_8323791.jpg

氷河を歩く時は専門ガイドを 前後に付ける必要があります
氷の上には 無数のクレパスやミルウェルという穴があるので
氷上ハイキングや 探検家などが 落ちる事故が絶えないらしいです
b0172915_9173792.jpg

最高標高点の山は マウントコロンビアで3747メートル
富士山と同じ山が目の前にあり 周りには3000メートル級の山がそびえています
b0172915_9154279.jpg

氷河の水を くんで飲むつもりで ペットボトルを持って行きましたよ
氷河の水 
一杯飲むと10年若返る 
二杯飲むと20年若返る
三杯飲むとトイレに駆け込む~~~(≧▽≦;)
b0172915_8325410.jpg


10月中旬に ここの営業が終わると 
また 新しい雪が積み重なって 新しい氷河ができるのでしょう
氷1cm 出来るのに 12メートルの雪が必要なのだそうです
b0172915_918524.jpg

温暖化の影響で 1年に約15メートル 氷河先端は短くなっているとか
数百年もしたら アサバスカ氷河は無くなってしまうかも、、、、

バンフ まだ続きます~^^
by comuginet | 2016-04-28 09:44 | ★旅行 | Comments(8)

カナダでお花見~♪ ①

カナダでお花見~♪  プロローグ
カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編


b0172915_10582738.gif


何時もの事ですが、ブログにUPする旅レポは行程は無視してます
自分用に纏めた旅記録をコピペするので
行った♪ 観た♪ 見た♪ 食べた♪ 飲んだ♪など勝手気ままなUPです

                       ('▽'*)ニパッ♪


成田空港を飛び立って約9時間、16時間の時差ですから
カナダに着いたのは日本出発当日の午前と言う事になりますね、一日が40時間有ることになる
小麦は何処に行っても時差ボケしませんので、キャーッ 得した気分~♪♪♪

長いフライトを終え、5人揃って入国審査を受けました
「5人一緒?」と訊かれただけ(笑) 
パスポートにスタンプを押してくれた係官は素敵なイケメンボーイでしたわ♪♪♪

b0172915_737014.jpg


雄大なロッキーの山々を背景に、カナディアン・ロッキー観光の拠点ともなる
世界中から観光客が集まる美しい街バンフ
b0172915_12441825.jpg

バンフはとてもコンパクトな街
街の端から端まで歩いてもだいたい20?30?分そんなものです
距離にして2キロ弱くらいのメインストリート 両脇に住宅と店舗、ホテルが軒を並べるコンパクトな街
坂の上にあるバンフ・スプリングホテルまで行っても+15分くらい
街の真ん中に宿泊すれば、何処にでも直ぐに行くことが出来て便利です
路線バスは夜遅くまで走っているので便利です
b0172915_7364390.jpg

現地の人達はバンフに来る方法では自動車が100%近く、高速道路を使ってくるのが殆ど
高速道路から入ってくる道路側、バンフの街の道路の北側にホテルが密集しています
中央分離帯があるので、Uターンしないでも入れる側に建物を構えているわけです
と言う事は、、、南側には何があるかといえば、住宅街ですわね^^

神田神保町を思い出した(笑)
神保町は本が日焼けしない向き、北向きにばかり本屋が並んでいます

夏の昼は長く、冬の昼は短い
当然なのですが、高緯度に位置するため、夏の日が5時半くらいから22時くらいまで
多くの店舗は21時?22時まで開いていて、人々もそれくらいまでは活発に活動しています
もちろん冬には状況が反転しますので、それはそれで大変ですよね

3000mというクラスの山に囲まれた小さな街 バンフ
国立公園の観光地はポイントを押さえれば2日で充分観光できます

昼間のバンフの街は静か、、、、日本の観光客もとても多いのですが
滞在日数が短く昼間はバスで観光に出て、夜になると街に戻って来るのです
昼間は地元の人や長期滞在の人だけで長閑な雰囲気が漂っています
b0172915_748837.jpg

ちょこちょこ脇道もあり、カフェやレストラン、カナダブランドを扱うショップが並んでいます
片っ端からお店を覗くのも楽しい♪
建物はかわいらしく、景色は最高、まさに山岳リゾート
b0172915_738592.jpg

b0172915_7361993.jpg

街を一歩出れば森、川、湖と、手つかずの大自然がすぐそばにあり
心いやされる景色に出会えます
b0172915_1253068.jpg

b0172915_12531036.jpg

b0172915_12532277.jpg

バンフは半日あるいは一日で行ける 魅力ある観光スポットへの足場として最適な場所
軽いハイキングから山歩きのコースもあり、街からちょっとゴンドラに乗れば
遠くカナディアンロッキーや氷河まで見渡せる展望台や温泉まであります
その一方にバンフのシンボルとして聳え立つのがバンフ・スプリングス・ホテルです
(写真はホテルのサイトからお借りしました
b0172915_7572872.png


サルファー山へはゴンドラで行きます
歩いて登れますが、かなり過酷な登山だろうと思います、でも登ってる人はいました
このゴンドラ 何だかパンダの顔に見える^^;
b0172915_1653424.jpg

ゴンドラを降りたら、、、、、
寒っっっ~~~~~!{{ (>_<) }} サムイーッ!!
サルファー山 山頂は寒いです 展望台に出たら、気温1度でした(@_@;)
慌ててユニ〇ロさんのウルトラライトダウンを着込みます
あはっ、丸めて小さくなるウルトラライトダウン、大活躍しますね~^^
しかし半袖Tシャツ1枚で たいして寒そうな様子でもない外国の方もいらっしゃって、、、謎だ^^;

景色は最高~~~~~(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
b0172915_801647.jpg

展望台からは360度パノラマ景色~~~
b0172915_16103814.jpg

b0172915_16102261.jpg

b0172915_1610345.jpg

サルファー山観測所
b0172915_16222781.jpg

冷えた身体は世界一高所にあるスタバで温まりましょ♪
b0172915_16205929.jpg


今日も素敵なバンフの街並み♪♪♪ 
b0172915_16454394.jpg


次はコロンビア大氷原 行きますよ~♪
by comuginet | 2016-04-25 17:11 | ★旅行 | Comments(8)

旅から帰って来ましたので旅レポの予告編^^

楽しいことはアッと言う間に過ぎますね
今回も色々ハプニング?もあり、楽しく♪ 美味しく♪
カナダの桜も満開♪ 思い出に残る素適な旅になりました^^

街中の桜も綺麗に咲いていて、ハラハラと舞い落ちる花びらを頭に乗せて散策していました
膨大な写真 現地で書き留めたメモ 記憶の鮮明な内に整理しないと^^

予告編だけUPします^^

ブッチャートガーデン
園内の桜も満開♪ 皆で「良い時に来たね~」
b0172915_6542055.jpg

b0172915_6545799.jpg

b0172915_655615.jpg

ブッチャートガーデンだけで数えきれない写真の枚数 
b0172915_715613.jpg

b0172915_72522.jpg

b0172915_722610.jpg

b0172915_7132780.jpg

花より団子♪ アフタヌーンティーも美味しく頂きました^^
b0172915_70220.jpg

b0172915_701142.jpg


バンクーバーの桜も満開♪
b0172915_742920.jpg


バンクーバーの朝日と言う映画が有ったけど、此れは夕日^^
b0172915_743511.jpg

ライオンズゲートブリッジのライトアップを見ながらワイン飲んでました(笑)
b0172915_7465419.jpg


バンフの街は どことなくスイスに似ている
b0172915_7502374.jpg

雪山はキラキラと輝いて
b0172915_7481618.jpg

氷河が見えて来ましたよ^^
b0172915_7484832.jpg

b0172915_7491731.jpg

予告だけでも写真をUPしようと思えば限が無くなりそうです(笑)
旅レポ おいおいUPしようと思います


旅行中にスマホに入った 緊急地震速報
現地のテレビに流れるワールドニュースの映像を観て驚きました
帰って来て あまりの被害の大きさに被災された方々の事を思うと
ただただ一日も早く安心して暮らせるようになることを願うばかりです
by comuginet | 2016-04-22 07:58 | ★旅行 | Comments(6)

ダイジェスト

空気が冷たいけれど、キリッと気持ちが良い朝~♪ 
早起きしてバンフの街をお散歩~♪ 
b0172915_8523724.jpg

バンフと言えば! その1 レイクルイーズ 
b0172915_847519.jpg

バンフと言えば! その2 雪上車で氷河散策
b0172915_848615.jpg

バンフの市内散策 カスケードガーデン
b0172915_8482131.jpg

b0172915_8505542.jpg

バンクーバー 桜も満開♪ 
b0172915_848316.jpg

キャピラノ吊り橋を渡りに行きましょう~ 
b0172915_9192563.jpg

吊り橋から下を見ると、、、、鮭が登って、、、、、来ないな(笑)
b0172915_8503877.jpg

吊り橋を渡ったら クリフウォーク 
b0172915_8492623.jpg

バンクーバー市内散策 
b0172915_850217.jpg

ギャスタウンの蒸気時計
b0172915_9495979.jpg

ライトアップされた州議事堂
b0172915_851845.jpg

大きな地震のニュースが入り、ワールドニュースの映像に驚いています
被災地の方々に早く安心した生活が戻りますように祈っています。。。。。

此方での滞在も後わずか、、、、
此方は月曜日の夜、今から夕飯を食べに行って来ます♪
by comuginet | 2016-04-19 09:50 | ★旅行 | Comments(6)

プロローグ

カナダでお花見~♪  ダイジェスト
カナダでお花見~♪  予告編
カナダでお花見~♪  ①
カナダでお花見~♪  ②
カナダでお花見~♪  ③
カナダでお花見~♪  ④
カナダでお花見~♪  ⑤
カナダでお花見~♪  ⑥
カナダでお花見~♪  食べた♪ 飲んだ♪
カナダでお花見~♪  ⑦
カナダでお花見~♪  ブッチャートガーデン ①
カナダでお花見~♪  ブッチャートガーデン ② 
カナダでお花見~♪ ⑧

b0172915_10582738.gif



来週 帰って来てから 何時ものように旅の間中の色々をUPするつもりですが、、、
その前に今回の旅のプロローグ
おっ、プロローグだなんて なんか小説みたいで カッコイイぜぃ(笑)

前置きから少々長くなります
過去の旅レポを見て下さった事のある方は、前置きも長いんかい!って思いました?ヾ(・・;)ォィォィ

思い起こせば、、、
昨年の一泊四日の超弾丸バンコク旅行中←☆
「来年の春は何処に行く?」と半年以上も先の相談をしていた私達(笑)
鬼も呆れますよね~^^;

バンコクから帰国後にメンバー皆で色々探していて 五つの候補地が挙がっていました
五つの候補地 何処でも良かったので 色々と情報を集めていた頃、、、、
ヨーロッパ方面はフランスでテロが起きた、、とか 
南米方面はジカ熱が発生したり、、、とか
バルト三国方面は宿泊場所がコソボ地区 えッ!?この場所で安心して泊まれるの?、、、とか

色々な意味で危ないと分っている方面にわざわざ行くのもねぇ、、、、と
一つずつ候補を消し「アイルランド」が残った、アイルランドにしましょう~♪

3月にアイルランド行き決定!!
アイルランド行きの気持ち満々 飛行機、ホテルも予約しました♪
皆で行程を考え 会う度 アイルランド~♪と 盛り上がる♪盛り上がる♪(笑)

ところが、3月に外せない仕事の入ったメンバーが約1名(笑)
彼女はバリバリのキャリアウーマン
何時も忙しくしているのは、私達も百も承知のこと
とっても楽しい旅仲間、出来れば一緒に行きたいじゃぁないですか
「何時なら大丈夫?」
「合わせるわよ~ どうにでもなる自由な身よ~^^」
「4月だったら行けるのだけど、、、」と
他のメンバーは4月でも大丈夫~♪♪♪ 
「ヨッシャ! 4月に行こう」
簡単に予定変更~(笑)

本当に何時も思う、我らがメンバー大人だわ グダグダ言う人いない
行くか行かないか! 行けるのか行けないのか!
四の五の言わない!スッキリ! サッパリ! 簡単簡潔! 気持ちが良い^^

4月出発に変更して飛行機&ホテルを取り直さなくちゃね
即行で次の行動に移る それっ!と皆でパソに張付く(笑)
と、、、ここで、、、
「4月出発に変更するのなら、カナダで お花見が出来るんじゃなぁ~い?」
「西側カナダにする?」
メンバー全員 以前にカナダの東側
ナイアガラの滝とか、、、、、
b0172915_7125392.jpg

b0172915_7132238.jpg

プリンスエドワード島 赤毛のアンの世界~等々行った事があります
b0172915_714424.jpg

五つの候補地が挙がった時も皆 カナダには気持ちがそそられなくて 一番最初に却下してた(笑)
まさかのカナダ???

全員カナダはリピですが 西側には行っていない
カナダ 広いですからね~ 西側に行こうか~ と言う事で
「カナダでお花見~♪♪♪」決定♪♪♪   なんという変わり身の早さだ(笑)

この時 既に 1月末でしたから 直ぐにアイルランドのキャンセル
ダッシュでカナダのエア&ホテルを探す
チト焦ったけれど 意外とあっさり エア&ホテル取れました
GWの連休前で穴場だったのかも、かなりお値打ち♪♪♪
皆さん、春にカナダに花見に行くのなら4月穴場ですよ! お薦めですよ!^^

取り敢えず 往復の飛行機とホテルのみ ネットで予約
そして、大事な事 此れを遣らないとカナダに行けない
2016年3月15日から
電子渡航認証 Electronic Travel Authorization、略称 eTA の申請が必要になりました
オーストラリアのETAやアメリカのESTAと同じく、出発前に申請をしてeTA認証を受けておかないと
飛行機や船でカナダに入国できません
ただし、米国を経由して車やバス、徒歩など陸路で入国する際には、eTA認証は不要
団体ツアーでカナダに行く場合は、旅行社に頼めば手続き代行してくれます
その場合 多分¥5000くらい掛かるのではないかしら?

申請は自分でオンラインでも出来ます
費用は7カナダドル 申請画面 今はまだ英語オンリー
申請画面に飛ぶと確かに英語だ(笑)
でも こういう申請書って 
職業とか 犯罪歴は無いか、、、持ち込み金の額、、、そういうのでしょ?
、、、、と言う事で、申請画面をコピペして翻訳 
インターネット凄すぎです(笑) 英語オンリーの申請画面でも
英語もロクに解らない婆がネットでeTA の申請がで出来ちゃうんだものね!!

オンライン申請には、パスポートとメールアドレス
申請費用7ドルを支払うためのクレジットカードが必要
一度申請すれば、5年間は何回でも入国が可能です
申請時にパスポートの有効期限が5年未満の場合は、eTAの有効期限もその期限までに短縮

メンバーも皆 ネットでeTA の申請を済ませ
「これさえ済ませておけば、後は行くだけだね~」なんて話をしていたら、、、
3月初めころに
おやまぁ、、、「eTA の申請必須ではなく 移行中に付き申請しなくても良い」と発表があり
「ん? eTA無くても良いの??」
「申請 済ませちゃったわ~」
通達をよくよく読んでみると、2016年秋ごろに決まるような??←ハッキリ書いてない^^;
で、最後には「出来るだけ eTA の申請をしてカナダに入国してください」ですって
「まぁ良いけど」(笑)

そうこうしていると 今度は、、、
燃油価格下落でJAL&ANAともに 2016年4月~5月発券分より
燃油サーチャージの徴収が無くなったと、発表があった
キャセイ・パシフィック航空などは
2月から徴収をやめていたので JAL&ANAもやっと!という感じね
燃油サーチャージの徴収無しとなるのは
2009年9月以来 実に 6年半ぶりのようです
4月発券分、、、というと 小麦達のチケットも該当するのか?
該当すると嬉しいなぁ~ 
ありがたや~ 小麦達も燃料チャージの徴収されませんでした^^

決まってるのは 往復の飛行機
大まかに3ヶ所(3都市)観光予定なので 都市間の移動手段と各地でのホテル
飛行機とホテルさえ押さえておけば、後は皆で色々ググって情報収集
予約が必要なレストランやタクシーも予約を入れ ホテル近辺のバス停もチェック
地図のプリントアウト 行きたい場所への所要時間等々  
一か所にジッとしている訳ではないので移動の手段 
滞在先のホテルは何度も確認、着いたらホテルの予約が取れてなかった!
、、、、てな事になったら、、、野宿ヾ(・・;)ォィォィ 婆に野宿は辛いでしょ(≧▽≦;)

中身は空っぽ 終日お客様ご自身でお楽しみ下さいってヤツなので
毎日の行程も皆で色々調べ、効率よく動けるよう しかも ゆ~くり の~んびり出来るように考えた

団体ツアーじゃないので、そこは自由気まま 
おおよその行程を決めておけば 現地に行ってから どうにでも出来る
皆 旅慣れていてマメなので、色々と調べる^^
一番最初に ワインバーとパブを探した事は言うまでも有りません(笑)
 
こういう事をしている時から旅は始まり、これが楽しいのですよね~♪♪♪
1月末にアイルランドのキャンセルして、カナダ行きを決め 
2月3月と色々調べている内に アッと言う間に4月 

「行ける時に行っておいで」 「楽しんでおいで」と気持ち良く送り出してくれる家族に感謝

4人の婆にボディーガード1名(笑) 
カナダで花見~♪  行って来~ます^^/
b0172915_2072943.jpg

スーツケース 傷だらけ 傷で小麦のだって見分けがつくわぁ(ノД`) 
b0172915_20948100.gif

by comuginet | 2016-04-12 07:32 | ★旅行 | Comments(14)