迷路の先には、、、①

迷路の先には、、、出発



いざ出発~♪
モロッコの首都はラバトですが、到着したのは経済の中心 カサブランカ

私達はカサブランカは後回し(笑)

見どころの少ないカサブランカをスッ飛ばし(笑)
マラケシュまで移動します^^


先ずは空港から電車で町の中心まで行きましょう
空港と駅直結は助かります

チケットは窓口でも買えるし、券売機もあります
運行するのはモロッコの国鉄、ONCF
此処はアフリカ?と思うような緑の牧草地を走ります

b0172915_21283180.jpg

このクオリティなら朝まで揺られても問題なし
ほぼ定刻通りに出発
さすが観光立国、綺麗で時間も正確、観光客に優しいですね^^


b0172915_21291403.jpg

車窓にはこんな景色が広がります 
Africa 砂の大地みたいなのを想像しますよね  ちょっと意外でしょ?

b0172915_21304080.jpg

ところどころ 羊がのんびり草を食べていて 長閑~(゚ー゚*)。・:*:・
b0172915_21320453.jpg

バーバーズに鉄子さんは居ませんが
旅先では鉄道にも乗ってみたいと思うのですわ^^

序に、、モロッコ国内は
マラケッシュ→カサブランカ→フェズ間に鉄道があります
全線乗ると7時間ちょいですかね
後はバスか、タクシー、、、という事になります


モロッコ行きを決めて色々調べている時
モロッコ国内線の飛行機 全てカサブランカとのフライト
マラケッシュからフェズに飛ぶのも
カサブランカ乗り継ぎになるのですね、で その待ち時間が長い!!


30分弱の列車の旅 思い出一つ出来上がり~♪ 

此処で待ち合わせていた現地ガイドとドライバーさんとも無事にご対面~~^^
車は一路マラケシュに向けて走り出します
モロッコの旅は移動が長い
モロッコへ来るまでに、すでに約1日飛行機の中で過ごしました
モロッコ国内でもかなりの距離を移動します
見所いっぱいの広い国を、限られた日数で見るわけですから仕方ない

真っ青な空の下、緑の大地にオレンジや黄色の花が咲き乱れ
車窓からの景色を見て思わず綺麗~~~(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン

b0172915_21300993.jpg

長閑な景色を過ぎ、街に近づくと整備された広い道路が貫いています

b0172915_07553414.jpg

マラケシュ
街並みは西洋風で中東感というか アラビア感ナシ
道路標識のアラビア文字に、そうね此処はモロッコ♪

b0172915_07561789.jpg
マラケシュは赤い街
出発編で書いた 赤 青 白 まず最初に赤ね^^

街へ一歩出ると、「ホントだ!街がピンク色」
ペンキ屋さんでは「クトゥビア・レッド」とか「マムーニア・ピンク」と言う
素敵なネーミングで売られているそうです♪
b0172915_06450786.jpg

b0172915_21451518.jpg
アラビア~ンな 世界が広がっています~

b0172915_06492882.jpg
モロッコの特徴である迷路のような「メディナ」と呼ばれる旧市街には
細い路地が蜘蛛の巣のように広がっていて 地図は役に立つような立たないような^^;
メディナの中には「スーク」(市場)がひしめき合っています
かご細工のスーク、貴金属のスーク、絨毯のスーク、
鉄・銅のスーク、革職人のスーク、スパイスのスーク・・・
それぞれが軒を連ねて、道の両側ぎっしり店だらけ
b0172915_06514443.jpg
メディナに入ると一気に生活感があふれ出して圧倒されます
メディナは赤土の壁に仕切られた細い路地がアチコチに繋がっています
私たちはドライバーさんが道案内に付いてくれました
メディナでの滞在時間を決め 勝手に歩き回って良いけど
危なそうな方向や 行っても店など無いような路地に入りそうになったら
声をかけてくれる事になってます
振り向いてもドライバーさんの姿が見えない事があり
「大丈夫かな?ちゃんと見ててくれるよね」と不安になったりしてると
何時の間にか ちょっと後ろから付いて来てくれてる
b0172915_06512891.jpg
歩いていると 次から次に声を掛けてくる人が一杯
中には本当に親切な人もいるんだろうけど
直ぐにチップを要求されると思うと 鬱陶しいので無視して歩いてましたヾ(・・;)ォィォィ

ガイドブックを頼りに歩くバーバーズは きっと良いカモなんでしょうね~^^;
迷っていそうな素振りを見せると
その度に誰かが「何処に行くんだ」って親切に声をかけて来る
チップをを要求される可能性 かなり高い^^;
これを何回か経験すると、大体お金を要求してくるタイプの見分けがつくようになる(笑)

日本人はやはり目立つのか、お金を持ってると思われてるのか客引きの声がすごい
「ジャパ~ン!!」
「ミルダケ ミルダケ!」←絶対うそ!!

素敵なティーポット 手に取って見たいけど 店主が横から声を掛けてくる
手に取ったら最後 帰してくれない なのでゆっくり見れない
b0172915_08271848.jpg
「ビンボープライス!」 ←おッ、このフレーズ気に入った(笑)
「サシミ!」←???
とりあえずスークの様子は掴めた(笑)
マラケシュのスークは観光客と地元民が混じりあう不思議な世界 飲み込まれます

世界三大ウザいなんて、不名誉に言われる事もあるモロッコ人だけど
見方変えれば、、、「頑張り屋さん」極まりないです^^;
一日中大声を張り上げて、1杯40円のジュースを売り続けるエネルギーが凄まじい
帰宅後はきっとクタクタですよ、泣ける程がんばってますもん
混沌、喧噪、ちょっと怪しい雰囲気こそ、マラケシュの最大の魅力
何日いても飽きなさそう(笑)

スークの迷路を歩いていると 時々広場に出ます
広場には露店がたくさん並んでいて、此方も楽しい♪♪♪

モロッコは、女性は高齢の女性は特に写真を撮られるのを嫌がる人が多くて
カメラを構えるだけで「撮っちゃダメー!」みたい態度を示されたり 何か言われたり
観光客が近づいただけで腕で顔を隠したりします
b0172915_08160492.jpg
b0172915_08155868.jpg
カメラを向けたり、撮ったりすると、チップを要求してくるのは男性
若い男性など、チップ渡すまで追いかけてきたりします^^;
街並みを撮ってるだけですけど
もの凄い人混みのスークでは 嫌でもフレームに入ってしまう
チップを要求された時は応じて、それ以外は シレ~ッと撮ってました^^;
地元の人達の色鮮やかな衣装が印象的で
こちらの女性はとってもお洒落なので 興味をひかれるのですが
現地の方にピントを合わせることが出来ません

「撮って撮ってのアジア人、撮るな撮るなのアフリカ人」と聞いたことがあります
本当にその通りでした、文化や風習って面白いですねぇ、、、

旅はまだ始まったばかり!!


by comuginet | 2017-03-07 08:35 | ★旅行 | Comments(2)
Commented by chingu-amigo at 2017-03-07 11:50
おおっ!

最初の段階から興味津々。

続きが楽しみです。

行ったことない街。
多分今後も行かないだろう国。

ひとさまにお出かけいただいて、私は行ったつもりの気分になって…

小麦さん、
ありがとうございます。
Commented by 小麦 at 2017-03-08 06:38 x
♥♬chingu-amigoさん
スマホに慣れて動画をたくさん撮って来ました
今PCの画面は写真がスライドショーーで流れています
当分はモロッコの余韻に浸ります^^
名前
URL
削除用パスワード
<< ほっぺが落ちた^^ 如何しましょうかねぇ、、、、(... >>