まだロシアを引きずって、、、、

ロシアには、「決闘」において尊い命を失った文学者がいるのです。

その名は、アレクサンドル・セルゲーヴィチ・プーシキン。
ロシア近代文学の祖とも言われる、国民的詩人です。

プーシキンの進歩思想を嫌った宮廷貴族達はフランス人のジョルジュ・ダンテスをたきつけ
プーシキンの妻ナターリアに言い寄らせたのです。

ナターリアに執拗に言い寄っていたダンテスにプーシキンが決闘を申し込んだ。
1837年1月27日
ペテルブルグ北郊のチョールナヤ・レチカで決闘を行う
夕闇が迫る中、銃弾を浴びた詩人は、2日後 自宅の書斎で静かに息を引き取ったそうです。
僅か37歳という若さで。

政治的な騒動を恐れた政府は、親しい者だけを集めて密かに葬儀を執り行った。
b0172915_12371325.jpg

プーシキンの美貌の妻ナターリア  決闘に使った銃なのかは定かでは有りませんが、生々しい、、、、
b0172915_100282.jpg


国民的詩人アレクサンドル・プーシキンの没後100周年を記念しプーシキンの名称を冠した
『A.S.プーシキン国立造形美術館』

大理石のギリシャ風円柱を持つ、まるで白亜のお城のような「プーシキン美術館」
モスクワの中心地にあり、赤の広場からは徒歩で20分ほど。
美術館前の庭園は気候のよい夏の間はおしゃべりや読書にモスクワっ子のよき憩いの場となるそうです
b0172915_1024739.jpg

b0172915_12404378.jpg


プーシキン美術館は、ロシア帝国末期の二人の実業家であり大収集家でもある
イヴァン・モロゾフとセルゲイ・シチューキンによる西洋近代絵画の500点近い
膨大且つ秀逸なコレクションがあることで有名です。
現在、二人の収集品は、プーシキン美術館とエルミタージュ美術館に分割して保存されているのですが
それらの傑作はこの二人の収集家の慧眼によって、誰よりも早くに見出され収集されたものでした。

小麦がロシアに行っていた時期にプーシキン美術館の絵画は日本へ出張中、それも何と!名古屋へ!!
プーシキン美術館の一番有名な作品「ジャンヌ・サマリーの肖像」も名古屋へ出張中。

エルミタージュにある彼女の絵はとても大きな作品で絵と同じポーズで写真を撮ってきたのですが
、、、、貸衣装が欲しかった(笑)
b0172915_10132872.jpg



ロシアでは日本に出張中で観る事の出来なかった「ジャンヌ・サマリー」に会いに行ってきました。
名古屋で開催されている「プーシキン美術館展」←こちら
ロシアで絵葉書など色々お土産を買ってきましたので、名古屋ではクリアファイルを買いました。
b0172915_14113479.jpg

日本ですからね、当然、写真撮影は禁止です。
入口のポスターは撮り放題(笑)
b0172915_1121448.jpg


同じく出張中だった他の多くの絵画、マチス ゴッホ ゴヤ ゴーギャン ユトリロ セザンヌ ドガ ルソー
それから、、、まだまだ沢山の作品を観て、やっとロシアの旅が終わったような気がします。




心を満たしたら別の欲求も満たしに参りましょう^^
Cマークの某ブランド店から「おいで下さい」とお葉書を頂いていましたので
そりゃ、行かなくっちゃね!(笑)
Sさんはバッグ、小麦は時計をお買い上げ~
小麦はGマークのお店でバッグを買いたかったのですが無かった、、、、
この前バッグを買った時に迷って「次回はどうぞ、、、」と
女性の方に品名や品番を書いたお名刺頂いてたのですが、忘れて出掛けた^^;

イケメンのアシスタントマネージャーさんにカタログ見せて頂いて
取り寄せ、、、家に帰れば品名も品番も分るのですけど、、、、
「どうせだったらイケメンさんにお願いすれば♪」の仲良しさん嬉しい後押し(笑)
小麦はイケメンに見とれてヨダレでも垂らしていたのか(-。-;)ォィォィ
お名刺頂いた~^^


物欲も満たしたので後はお腹を満たすだけ(笑)
まぁ~~♪ 美味しかった事!! 当たり~でしたわ♪
b0172915_1122648.jpg


この前←おしゃべりに夢中で忘れたのが心残りでしたから(笑)
忘れずに美味しく頂いて来ましたよ^^
by comuginet | 2013-06-14 06:24 | ちょっとお出掛け | Comments(6)
Commented by あざみ at 2013-06-14 15:38 x
ロシアの旅行記もいよいよ終盤ですか。
心も、お腹も、素晴らしい美術館での出会いで目も
欲しい物もそれぞれに満たされてお帰りになったのですね。
最高じゃないですか。ロシアと言う国を見直しました。
体力があれば行って見たいです
Commented by スイミー at 2013-06-14 23:06 x
決闘を口実に暗殺が出来た時代の話ですね。
後世にプーシキンの名が付いた美術館が出来るなんて皮肉なものです。
Commented by 小麦 at 2013-06-15 06:47 x
☆あざみさん
ロシアでは見れなかった絵画を地元名古屋で見る事が出来て
やっとロシアの旅が終わった気がします。
初めて入ったお店ですが美味しかったです^^
Commented by 小麦 at 2013-06-15 06:51 x
☆スイミーさん
プーシキン美術館もとても素晴らしい作品が所蔵されていました。
行った時には観れなかった絵画を名古屋でじっくり観れました。
Commented by desire_san at 2013-08-14 18:42
こんにちは。
プーシキン美術館を思い出しながら、楽しくブログを拝見しました。
ルノワールやゴーギャン、セザンヌ、ルソー、アングルなどの傑作もよかったですが、私が知らなかった画家の作品も傑作ぞろいで、質の高いコレクションは素晴らしいと思いました。

すべての作品は書ききれませんが、特に心に残った作品をできるだけ取り上げて作品の感想などを自分なりに書いてみました。
読んでいただけるとうれしいです。ご意見などコメントなどをいただける私も勉強になりますので、大変感謝致します。
Commented by 小麦 at 2013-08-20 07:31 x
☆desire-sanさん
ロシア、とても行きたかった国でエルミタージュもプーシキン美術館も
まだまだ観たりなく、何時かもう一度行って観たい国です。
美術とか芸術とか、、、あまり良く解らないのですが
観るのは大好き、先ほど少しブログを拝見させて頂きました。
改めてゆっくり拝見させて頂きたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 如何してこうなったのか??? 出番です♪ >>