サンクトペテルブルグ&モスクワ~♪♪ №15

サンクトペテルブルグ&モスクワ №1          
サンクトペテルブルグ&モスクワ №2
サンクトペテルブルグ&モスクワ №3
サンクトペテルブルグ&モスクワ №4
サンクトペテルブルグ&モスクワ №5
サンクトペテルブルグ&モスクワ №6
サンクトペテルブルグ&モスクワ №7       
サンクトペテルブルグ&モスクワ №8
サンクトペテルブルグ&モスクワ №9
サンクトペテルブルグ&モスクワ №10
サンクトペテルブルグ&モスクワ №11
サンクトペテルブルグ&モスクワ №12
サンクトペテルブルグ&モスクワ №13
サンクトペテルブルグ&モスクワ №14



芸術好きにはたまらないエルミタージュ美術館
しかしながら宮殿なので、同じような部屋が並んでて迷子になりそう。
ドアの上のナンバーをメモし、地図にチェック入れながら見て歩きます。

エルミタージュ美術館の近代美術のコレクションは
19世紀後半に活躍した収集家シチューキンとモロゾフのコレクションが元になっています。

なかでもシチューキンが早くから傾倒し、援助を惜しまなかった、マティスやピカソの絵は多く
そのスケールに圧倒されます。

マティスの作品が37点所蔵されており、3部屋に分かれて展示されています。
初期の重要作品が多く、質量ともに世界最大級です。
門外不出の「ダンス」や「音楽」 「画家の家族」 「赤いチェストの上のピンクの小像と水差し」
「会話」 「マティス夫人の肖像」等々、感動するばかりです。
b0172915_9394051.jpg


門外不出の『ダンス』  『音楽』
とても大きな絵です、門外不出ですからね、それはもうシッカリ目に心に焼き付けて参りました。
b0172915_940224.jpg

b0172915_1812296.jpg

この2点、とても大きな作品なのです、部屋の端から撮らないと写せない。
b0172915_7111174.jpg


『家族の肖像』
b0172915_19525248.jpg



スペイン美術に充てられているのは2部屋

ゴヤ
『アントニア・サテラの肖像』
女優としての才能よりも美貌で有名だったようです、36歳のとき結核で他界しました
b0172915_18294154.jpg



                          ゴッホの部屋
b0172915_9343315.jpg

                          アルルの女たち
b0172915_9345425.jpg

                          ライラックの木
b0172915_935394.jpg

                          わらぶきの家
b0172915_9362274.jpg

                          アルルの赤い葡萄畑
b0172915_9365799.jpg




                           ゴーギャン
b0172915_9375020.jpg

b0172915_9381649.jpg




ルノアールの絵を好きな女性は多いですね
ルノアール、モネ辺りで女性達の興奮度マックスUP~~(*^-゚)vィェィ♪
『女優ジャンヌ・サマリ』
コメディ・フワンセーズの女優だったサマリをルノアールは豪華な装飾のある絹のドレスとともに
実に生き生きと美しい表情に描いていますね。
ルノアールを心酔させた花も盛りの彼女は、33歳の若さでこの世を去ったということである
b0172915_9505564.jpg
此の絵の前で同じポーズで写真撮りましたよ^^ 
はい、ユニクロのチュニックにスキニーパンツ、スニーカー姿の小麦で(笑)


b0172915_18251054.jpg

b0172915_1815715.jpg





モネ
『白い睡蓮』
b0172915_9485211.jpg


『サンタドレスの庭にいる婦人』
b0172915_18315980.jpg


セザンヌ
「サント・ヴィクトワール山」や「水浴する男」など10点ほどありました。
『ピアノを弾く若い娘』
b0172915_9483511.jpg



此方のイケメン、ストロガノフ伯爵の孫とか?
b0172915_1733316.jpg


イコンもたくさんありました
b0172915_9432350.jpg


まだまだ名も知らぬ作者の絵も数多く展示されており、今こうして写真を見返すと感動が蘇りますね、、、、
UPしたい写真は山ほどあるのですが限が無くて、何時かまたUPしてみましょうかねぇ。。。。
b0172915_9435610.jpg



b0172915_9442029.jpg



b0172915_9443526.jpg



廊下に梱包されたたくさんの絵画、どちらに出張するのでしょう?
b0172915_2149440.jpg




此れで、やっとエルミタージュ美術館の終わります。
長いUPを見て下さってありがとうございます。
出来る事ならば撮ってきた写真も全てUPし、旅日記もそのままコピペしたいくらいですが
とてつもないボリュームになっていますので、幾らなんでもそれは無理^^;


エルミタージュ美術館は終わりますが、まだモスクワが残っています。
はぁ~ 何時まで続く~ロシア~って、私のセリフじゃないですよね(-。-;)ォィォィ
by comuginet | 2013-05-20 05:47 | ★旅行 | Comments(10)
Commented by ねこじゃらし at 2013-05-20 15:52 x
今日も楽しく読ませて頂きました♪
でも、こんなに全て写真を撮っても良い美術館て珍しくて本当に太っ腹ですね。
流石ですね!
日本だとロープ張って近づかせなくしたりガラス張りだったり。
最近は小さな美術館でも写真は厳禁ですもの。
本当に良い経験されましたね。
お裾分けありがとうございます♪
Commented by 小麦 at 2013-05-20 22:46 x
☆ねこじゃらしさん
フラッシュは禁止ですが写真は撮り放題^^
モスクワでも観たい絵が有って美術館に行きましたが、そちらも写真OKでした。
ロシアのイメージちょっと変わったでしょう?
Commented by スイミー at 2013-05-20 23:47 x
美術の教科書で見たことがあるような作品ばかりですね。
本物を見たなんてすごいですね。
写真撮影OKもすごい!!!日本では考えられません。
Commented by 小麦 at 2013-05-21 16:27 x
☆スイミーさん
此れだけの数の本物の絵を見ることが出来たなんて、
今でも感動が蘇ります。
海外の美術館は割と写真撮影出来るところが多いですね。
Commented by ♥ junjun at 2013-05-21 18:56 x
♪ハァ~...芸術好きでなくても、芸術オンチでも ため息もんですね~。
絵はモチロン、額も又豪華ですね~ 年代も感じます。
アントニア・サテラといいジャンヌ・サマリといい、美人薄命でしょうか...
ジャンヌ・サマリの前で写した小麦さんの写真もUPして欲しかった~うふふ。
海外の美術館、借り物じゃないのはけっこう太っ腹ですよね。
Commented by 花世 at 2013-05-21 21:49 x
私もこんなに沢山の絵画写真いいのかなと思いながら見させていただいてました。
フラッシュを炊かなきゃいのですか~
素晴らしいですね。
撮り放題。ほんとそれを知って益々感激しました。

小麦さんのブログだけで美術本が立派に出来ますよ~
ちゃんと解説付なので分かりやすくて良いですね。
Commented by さと at 2013-05-21 22:51 x
小麦さん~凄い!
『ダンス』も見たのね!
自由に写真も撮れるとは・・・。

日本では薄暗い中、人の頭頭で全くみれないなんてこと
ありますよね~。

絵画のなかでじっくりと歴史をたどりたい・・夢だわ~

小麦さん~続き楽しみ(^_-)-☆



Commented by 小麦 at 2013-05-22 21:45 x
☆junjunさん
美術も芸術も何の知識もなく、ただただ見るのが好きなだけの小麦
着いてくれたガイドさんが美術の専門家でしたので、必死でメモりましたよ。
ダヴィンチの絵の額、それはそれは素晴らしかったですよ。
あははっ、小麦の姿なんて見れたもんじゃないって(笑)
Commented by 小麦 at 2013-05-22 21:48 x
☆花世さん
写真は勿論ですが、鼻先がくっつくくらい近づいて観ることもできましたよ。
ホンノ一部の写真で、他にも素晴らしい絵画、美術品に感動して
しまいには心臓がバクバクして来ました。
Commented by 小麦 at 2013-05-22 21:50 x
☆さとさん
とにかく、ゆっくりエルミタージュ美術館が観たかったのでシーズンオフに行きました。
大正解でしたね、エカテリーナ宮殿もエルミタージュ美術館も空いていてゆっくり観れました。
今頃は入場制限されて大混雑してると思います。
まだまだ続きますよ~(笑)
名前
URL
削除用パスワード
<< サンクトペテルブルグ&モスクワ... サンクトペテルブルグ&モスクワ... >>