サンクトペテルブルグ&モスクワ~♪♪ №16

サンクトペテルブルグ&モスクワ №1          
サンクトペテルブルグ&モスクワ №2
サンクトペテルブルグ&モスクワ №3
サンクトペテルブルグ&モスクワ №4
サンクトペテルブルグ&モスクワ №5
サンクトペテルブルグ&モスクワ №6
サンクトペテルブルグ&モスクワ №7       
サンクトペテルブルグ&モスクワ №8
サンクトペテルブルグ&モスクワ №9
サンクトペテルブルグ&モスクワ №10
サンクトペテルブルグ&モスクワ №11
サンクトペテルブルグ&モスクワ №12
サンクトペテルブルグ&モスクワ №13
サンクトペテルブルグ&モスクワ №14
サンクトペテルブルグ&モスクワ №15




ロシアでは、なにせ英語があまり通じない
まぁ、、、こちらの片言英語も怪しいものだから
英語が通じなくても大した問題ではない^^;

出発前に頭に叩き込んだ幾つかのロシア語(笑)
これも かなり怪しい(´`)
後はオバさんパワーあるのみです!!!
そんなオバさんパワーの街歩き編^^/
街に出掛けては何かしら飲んだり食べたり飲んだり(笑)

平和で穏やか、便利な日本で暮らしているとボーっと生きても全て人任せにしても、人生なんとかなっちゃいそう^^;

私は根がグータラなのでフリーで行く海外旅行は(今回はイレギュラーなパックツアー)
自力で何かを成し遂げたっていう満足感が味わえるので好きなんですよね。
フリーだと、ご飯食べるにしたって、お店探してオーダーしなきゃ食べられない

今は何処に行っても世界ブランド(笑)のマックもスタバもケンタッキーもあるから
食べそこなう事なんてないけれど、海外に来てマック?スタバ?
そんなのツマンナイ!じゃないですか! 折角だもの、地元の物が食べたい!

けど、、、言葉、、、わかりません(-。-;)ォィォィ
解らなくても伝えなければ空腹のままで過ごさなければならないですからね
身振り手振りは大得意!名古屋弁と指差し!!

スーパーで飲み物を見繕う。
せっかくなのでロシア名物の飲み物を試してみましょう。
「クヴァス」 これは日本人の口には合わないと、事前にリサーチ済。
1本買って、みんなで試飲(笑)

黒パンを発酵させて作られたという何ともエキセントリックな発想の飲み物。
パンのどこをどういじったら飲み物になるんでしょう?謎です(笑)
味は、濃~いノンアルコール黒ビールって感じ?? いや!黒ビールに失礼だ^^;
b0172915_21351698.jpg

話のタネに試してはみまししたが、2回目のチャレンジは有りません!!!キッパリ(笑)


街を歩いていると美味しそうなピロシキやパイのお店が有ります。
キリル文字のロシア語なんて読めませんがね(´△`)

ロシア料理定番の『ピロシキ』
ピロシキとは「小さな、かわいい、ピロギー」の意。
ピロギーはロシア語でパイという意味で年代・性別を問わずにみんなに愛されている定番料理。
日本でいえば、おにぎりみたいなものかな。
本場のピロシキは日本のピロシキとは違ってパンのようなものでした。
揚げたピロシキ、探しましたが見つかりませんでしたね。
街で売ってるピロシキ、どんな味? 食いしん坊ですからね、興味津々

ショーケースの中を見ても、パンなのかピロシキなのか??分からない??
「これ、ピロシキ?」
「クリームパンみたいだね」

私たちの会話が聞こえて
店員さんが「ピロシキ?」と訊いてくれた^^

ピロシキは3種類だったみたい
左側のはまったく理解できず、右はシーフードだと言っていました。
一生懸命プライスカードも見せてくれたんだけど、、、ロシア語読めない(笑)。
「ミート?」って聞いてくれたので
「も、もしや、今 ミートって言ったよね?英語のMEATだよね?」
b0172915_21423460.jpg

まさかこれをみて「ピロシキ!」とは思わないですよねぇ。
パン生地に包んでオーブンで焼く、揚げないパイみたいなやつです。
個人的には日本版のピロシキのほうが好きかな^^
お昼ご飯、夕ご飯の時にも、このパン風なピロシキでした。


『プリヌイ』はロシア風クレープ
中に入れる具材によって主菜になったりデザートになったり、色んなバリエーションの料理になります。
ブリヌイのお店も色々あります、 お洒落なレストラン風から街角の露店など
街で良く見かける「テレモーク」
b0172915_7272257.jpg

写真付き英語メニューも有りますから、オーダーで困ることはありません。
b0172915_6165354.jpg


いかにも地元!っていう店でも食べたい^^
まず旅行者は入らないだろうな!というお店。

フードコートの1コーナーみたいな雰囲気、周りは若者ばかりだった^^;
定番のイクラのブリヌイ。
「定番」と言うのは私達の定番っていう意味
だって私達 シュワシュワ~~~頂きますでしょう~♪ 

メニュー、、、当然だけどキリル文字、ぜんっぜんわからない!!!!!!
ガイドブックのロシア語で「イクラ」って書いてあるところを見ながら
皆で顔つき合わせメニュー ガン見(笑)
けれど、メニューの中からその文字を探すことすらできない(´△`)
仕方ないので店員さんに、瓶詰めのイクラの写真を指して
「ブリヌイ・イクラ」と言ってみました(笑)。

で、、、笑っちゃうんだけど
「ブリヌイ・イクラ」が通じ、ヤレヤレ、、、、

はッ!!!そうだ!!
「イクラ」はロシア語!だったんだわ!   
魚卵はすべて「イクラ」(笑)
何なの! 最初から「イクラ!!」って言えば良かったんじゃない!と大笑い。
みんな英語が通じないって事でテンパッテましたね~

果たして、、、、、無事やってきた「イクラ」のブリヌイ^^
味は、、、、
クレープ生地の上にイクラが乗っている、、、
うん、それだけです(笑)。

お寿司の軍艦巻きに乗っているイクラのように出汁の甘みがあるわけじゃなく、ガッツリ塩味! イクラでした(笑)
はいはい、それ以上でもそれ以下でもないです!他に言いようがないです^^;
わざわざロシアに行かずに食べられます(笑)
クレープに塩味の強いイクラを乗せて一緒に食べたら、それがロシアのクレープ「イクラのブリヌイ」です^^;
お家で簡単に作れます~ お試しあれ~^^
b0172915_6362535.jpg

キリル文字は読めないから、適当に色々指差し注文(笑)
ボルシチも注文したら、想像と違うスープが来た、ボルシチじゃないのか?
「ボルシチ?」と訊いても
「、、、、何?」って顔してるお姉さん
まぁ、、、良いか、、、
でも、此れがボルシチでした(笑)


ロシアのパイ『ピローク』
一階はテイクアウト、二階はイートイン用のショーケースがあります、此処も旅行者は来ないよねぇ、、、、
店員さん、英語が一切通じないので、細かいことは解らないです
b0172915_9554082.jpg

二階に上がって、どう注文したら良いのか分からないので
目の前の店員さんに訊くと「自分じゃない」って感じで返事もしない(`‐●_‐´)ムッ
奥には無駄に^^; 5、6人の女性店員さんがいます、誰も相手にしてくれません

「ったくっ!無愛想ねぇ~」
「せっかく可愛いんだから ニコッとすれば良いのにね」
日本語 通じないと思って言いたい放題^^;
、、、が!オバさん達、言葉が通じないくらいではメゲませぬ!!
何処まで行っても日本語と知ってる限りの英単語(笑)

レジ係の子に「これがほしい!」と注文しても、彼女も英語はさっぱりな様子。
ショーケースの中を指差しても、椅子に座ったまま。
態度も身体もデカイ(笑) メチャクチャ美人なので無愛想は似合わないよ~ 

こういうお店に入ったら、その土地の物が食べたいじゃないですか
私達が欲しいのは手前のチェリーのパイではなく、奥の何かベリーっぽいのが乗ってるの!

プライスカードがついていないので
何か分からないけど、、、分からないから食べたい!
「奥にあるの! それそれ! 」完全に日本語でオーダー(笑)
それでも何とか通じるもんです! はい!迫力あるのみ!
おつりとレシートの入ったボックスを渡され
如何したら良いか分からず突っ立っていると、「あっちに座って!」って感じでアゴをしゃくる

「可愛いんだからさぁ、、、ニコッとしようよ」
代わりに私がニコッとしてあげたわ 「スパシーバー」('▽'*)ニコッ♪
 
とりあえず空いてる席に腰掛ける。
このボックスをテーブルにおいておけばパイを持って来てくれるはず、、、、
ほっほぉ~ ちゃんとオーダー出来た~^^ 
無事、欲しかったパイがテーブルに運ばれてきました。
b0172915_2150232.jpg

クランベリーかな?のパイでした、ロシアの相場からいってかなり格安です。
だから食べても損はないです(笑)
日本で売っているパイと比較せず,質を追及しなければ、別にマズイわけじゃないです。
ただ、、、ここの店員さんたちの冷たい態度に心が折れないなら、、、ね。
こういう触れ合い大好きな小麦達には折れないどころか良いブログネタだわっ!!


ロシア料理って全て素朴で美味しいです♪日本人に合いますね。
因みに、、、夫との初デートでロシア料理食べに行きました←ははッ誰もそんなこと聞いてないって(-。-;)ォィォィ
ん?何でロシア料理だったんだろう??
まっ、大した意味もなく たまたま、、、だったのでしょうねぇ(-。-;) 


サンクトペテルブルグの『文学喫茶』
此処も事前のリサーチで、一応 行っとこうか~(笑)
ロシアの作家が通ったというカフェで、今レストランになっている。
お店は思ったよりもこじんまりとしている、ピアノの生演奏があり、英語を話す店員さんもいて、高級な雰囲気。
窓辺に座っているのは何方でしょう?プーシキンさんですね~♪
b0172915_624941.jpg

カプチーノとパンケーキ、ジュースそれだけで945ルーブルもしました。
1ルーブルを単純に4円と計算して、ちょっとビックリなお値段ですよね。
b0172915_6252970.jpg



此方はモスクワの『カフェ・プーシキン』
プーシキンの生誕200年を記念して、1999年にオープンしました。
プーシキン広場から歩いて2分程で、ピンク色した可愛らしい外観が見えてきます。
入口にはドアマンが立っており、二重扉の向こうには、さりげなくドアを引く 若く洗練されたボーイの姿がありました。

店内は帝政ロシア時代を彷彿させる重厚な内装でクラシックのピアノ小曲が流されており
なんとも言えぬ落ち着いた気品ある趣きは、高級感があります。
人の少ない時間帯でしたので、まるでその空間を一人占めしている気分です。^^

古新聞をモチーフにしたメニューには 選びきれないほどの料理が並びます。
モスクワを代表するレストランだけあって、お値段もかなり高めです。
ウォッカと前菜、メインを頼んだのだけど、このウォッカと前菜が絶品だった。
キンキンに冷えたウォッカはシトラス系のフレーバーで飲みやすい。
カプチーノにはプーシキンの頭文字が書かれており、小さなマカロンが付いてきます。
b0172915_63222.jpg

階段の上に猫、この子達に願い事をすると叶うと言われていて
b0172915_733082.jpg

帰り際に皆 猫を触って行きます、もちろん私達も再びこの地に来れるようお願いしてきました。


市内にはたくさん日本料理屋があり、フードコートにもスシバーがあった。
一番よく見かけた日本料理店
b0172915_71115.jpg


今年の初めに開店したのでしたっけ??
b0172915_734077.jpg



ある日の夕ご飯、デザートはパンケーキ。
見た目はイマイチそうですが、もちもちして、表面はカリっとして美味しかった♪
何処で食べたパンケーキもみんな美味しかったですね~
ふわふわのパンケーキ、やわらかくておいしかったです。
なのに、この日のパンはどれも固い^^; ケーキの技術をパンにも生かせば、、、やらかくなるのになぁ???
ん? そういう事ではないって(笑)

飲み物は紅茶にしたかったのだけど、「作ってる」ってことなので、ポットで置かれたコーヒーを飲んだ。
紅茶を頼んだ方はその後も延々待って、出てきた紅茶は、、、、お湯とティーバッグ(大爆笑)
それって「作ってる」んじゃなくて、「お湯を沸かしてた」って言うんだよ(-。-;)
b0172915_21593190.jpg

ロシアで紅茶を頼むと、ほぼ100%ティーバッグで出てきます。


上はパイ生地ではなく、
どちらかと言えばパン生地、ふわっと乗ってます。
これをやぶると、中からお肉と野菜た~っぷりスープ。
とぉ~~~ても美味しかった♪
そしてボリューミー、食べても食べてもなくならない、けど綺麗に頂きましたよ。
壺の縁に着いたパイ生地も上手に剥がして完食しました。
b0172915_22311774.jpg

デザートはベリーのアイスパフェ♪ いやもう、アイスも最高ですよ!この国。


『ツベットノイ・セントラル・マーケット』
インターナショナル・ブランドのアパレルでもなく、高級コスメのお店も並んでないし
チェーンレストランのフード・コートでもない、高級食材に特化したショッピング・ビル
b0172915_2213866.jpg

普通のデパート等であれば食材品売り場はだいたいが地下。
ここでは7階建てのビルの6階、7階が吹き抜けになっていて、6階が食品売り場、7階はレストランという
そのビルの一番見栄えの良い場所に食に関わる部分を置いている。
ロンドンのランドマーケット的レストランOXO Tower Wharf
そちらを手がけたプロジェクト・チームによってデザインされたらしい。
確かに、置いてある商品はスゴく特別って訳じゃないけどディスプレイがオッシャレ~~♪ 
b0172915_2222785.jpg


ロシア料理、中華料理等のお惣菜屋さんはイートインになっている。
エリック・カイザーのパン屋さんも入ってるし、かなりの充実度。
b0172915_22338100.jpg

野菜や果物の保存状態も良いし、何と言っても店員が皆フレンドリーで親切。
多分、店員教育からプロジェクト・チームでやってるんでしょうなぁ
このプロジェクトチームに空港のサービス教育して欲しいわぁ^^;
b0172915_2231672.jpg


お土産の買い出しに街のスーパーにも出掛けてましたよ
サンクトペテルブルグもモスクワも24時間営業のスーパーがホテルの直ぐ近くにあり
朝に晩にスーパー通い(笑) 商品は豊富で新鮮でしたね。
b0172915_7431629.jpg


毎日毎食、フルコースみたいな食事をして
間にも パイだ、ピロシキだ アイスだと買い食いし放題^^; 体重気にしなさい!って(笑)


このペットボトルすっごいフタが硬くって、皆で試してもウンともスンとも開かない!
近くにいたロシアのマッチョなおじさん捕まえて
「ニマグゥ」出来ない(ノД‘)・゜・ と言って開けてもらった
おじさんも「アア、ソウナンダ、コレ、アケニクインダヨ」と言ってた!?
もちろん「スパシーバ♪ スパシーバ♪」
b0172915_2202369.jpg




今回の旅行中、食事を残した人が誰もいなかった、三度三度 美味しくって♪美味しくって♪ 全て完食してましたね。
「はずれないね、ロシア料理」(’▽’*)


さぁ、、、モスクワ、、、その前に、、、 
引っ張りますねぇ~(笑)
by comuginet | 2013-05-22 05:48 | ★旅行 | Comments(4)
Commented by スイミー at 2013-05-22 23:29 x
小麦さんの飽くなき好奇心、食欲、冒険心に対しての
店員さんの応対態度が面白いですよ。
可愛いのに無愛想ですか!日本の店員さんの愛嬌のあること。
Commented by 小麦 at 2013-05-23 07:13 x
☆スイミーさん
ロシアの店員さんは笑いません(笑)
やたらニコニコする日本人は如何思われているのでしょう???
街歩きは初体験テンコ盛りで楽しいです♪
Commented by 花世 at 2013-05-26 22:45 x
あ~楽しい!
小麦さんて文章も上手でまた面白いです!
チョコチョコ来ては拝見?拝読?してますが、ひょっとしてどこかで旅行記を書いてるとか?
私も少しロシア通になった気分!(^o^)
Commented by 小麦 at 2013-05-27 06:28 x
☆花世さん
自己満足の旅記録、元々出掛けるとマメに何でも取っておいたり記録したりするほうなんです。
未公開の旅記録は、それこそ入場料やホテルの備品の写真
ガイドさんや運転手さんの名前、、、などなど、細かく書いてます。
以前の記録を引っ張り出してみると、思い出がよみがえり
再び旅してるような気持ちになります。
名前
URL
削除用パスワード
<< 使い切り^^ サンクトペテルブルグ&モスクワ... >>